生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

慶事用の切手はコンビニで買える?郵便局でないとだめ?

      2018/09/16



先日、主人のもとへ結婚式の招待状が届き、自分達の時のことを思い返す機会がありました。

招待状が刷り上がり、いよいよ投函しようと思ったら…

切手が貼ってない!うわぁ…すっかり忘れていたよ(´д`;)

という懐かしい(うっかりな)出来事と共に思い出すのは、

慶事用切手の存在です。

全員分の切手なんて、手元にはない!買いに行かなくちゃならないけど、どうせならキレイな柄の切手にしたいよなー。

なんて思いつつ、参考までに友人からの招待状を見ると、そこには見慣れない切手が…。

私はその時初めて「慶弔用」という種類の切手があるっていうことを認識しました。


母に聞いてみたところ、結婚式などのおめでたい時には慶事用、喪中はがきを出す際などは弔事用という手紙やはがきの内容に合わせた絵柄の切手があるそうな。

なるほど!それは是非使いたい!と即座に慶事用切手の購入を決めた私。

当時は実家暮らしだったので、母にお金を預けて日中に郵便局へ買いに行ってもらいました。

はて。

実家暮らしの私はよかったけれど、一人暮らしで働いている友人はいつ買いに行ったんだろう?大変そうだなぁ…。

そういえば喪中はがきを送ったり受け取ったりの機会も増えつつあるけど、そういうのって意外と機会も多そうだよなぁ。普通の切手はコンビニでも買えるはずだし、慶事用も置いてないかな?

なんて思ったので、今回は「切手はコンビニで買える?」という疑問の慶事用切手編をお送り致します。

今は必要じゃなくても、急に必要になるいつかのために!

そして今まさに必要としている方のために!

慶事用切手について、知っておきたいことをまとめてみました。

Sponsored Links

慶事用切手はコンビニよりも「郵便局」で買うべき理由

慶事用切手は結婚式の招待状でよく使われるものなので、マナー使える種類が気になるところです。

そこでまずは慶事用切手についてと、何でコンビニよりも郵便局を勧めるのかの理由をお話していきますね。

「忙しくてなかなか郵便局へ行けない」という悩みは後半で解決していきます。

 

慶事用や喪中用の切手は、コンビニは扱っていないことがほとんど


結論から言うと、慶弔用切手はコンビニで買うことができないケースがほとんどです。

コンビニで取り扱う切手の種類に関しては特に取り決めがないので、店主の意向により取り揃えることもあるかもしれませんが、ほとんどないと思っておいて良さそうです。

慶事用・弔事用っていうくらいですから、用途が限定されていますよね。

そういう商品は、せっかく仕入れておいても在庫が残ってしまうことが多くなります。なかなか売れない商品というのは、商品の入れ替わりの激しいコンビニでは生き残れません。

そういう事情から、慶弔用切手は「郵便局のみの取扱い」となっているわけす。

要はさくっと郵便局へ行っちゃった方が手っ取り早いってことですね。

慶弔用切手の種類

ちなみに慶事用切手の種類は
52円切手/82円切手/92円切手」の3種類で、
額面(切手の代金)の安いほうから梅、竹、松の模様がついています。弔事用は52円切手の花文様のみです。

 

慶事用切手がもしコンビニにあっても、郵便局で購入した方がよい理由

結婚式の招待状を送る際に必要な切手は「あらかじめ返信はがきに貼っておく分」と「送付する封筒に貼る分」の2つですよね。

 
ここで注目したいのは「封筒⇒82円か92円切手」の部分です。

「か」!?と思った方は要注意!

 

郵便物は重さによって切手の値段が変わります

と、いうことは。

82円を貼っておいたとして、もしも料金が足りなかったら招待状を受け取った人が差額を払わなければならないという、洒落にならない話になってしまうのです。

招待するんだから、切手代くらいケチるなよ…

と思われてしまうかもしれないので、ここは抜かりなくキッチリ計量しておきたいですよね!

郵便物の計量は郵便局でやるのが一番確実です。

ご自宅にあるデジタルスケールなんかでも量れるかもしれませんが、プロが一番信頼できますもの。

コンビニの場合、「郵便局員ではない人が他人の郵便物を取り扱ってはいけないよ~」という法律があるため、店員さんが量ってくれることはありません。

親切でスケールを貸してくれることはあるかもしれませんが…。

やっぱりここは確実に、郵便局へ行って量ってもらいましょうよ!

「この招待状一式を送れる金額の慶事用切手が欲しいんです」と局員さんに伝えれば、親切に計量から枚数からと順次進めてくれますよ。


 

そもそも慶事用切手を貼る必要があるの?コンビニにないのは不便!

そもそもさ、そこまで細かくやらなきゃダメかな…?

と思い始めた方もいるかもしれませんね。

今時のおしゃれ~な招待状を作ったから、慶事用の松模様とかじゃなくて可愛い花柄とかにしたいんだけど~って方は、もっと多そう!(笑)

実はですね、結婚式の招待状は、必ずしも慶事用切手を貼る必要はないんです。

お祝い事の雰囲気を崩さないものであれば、慶事用以外の切手も使えます。

コンビニでも売っている普通切手で構いませんし、

ディズニー・プリンセスでもOKですよ!素敵なお花とプリンセスの柄の切手、可愛いですよね~。


招待状にもキャラクターが使ってある場合、切手も同じキャラクターで揃えれば完璧!って思いますもんね。

キャラクターの切手でも、「お祝いの雰囲気にケチつけるんじゃ…?」って柄じゃなければ大丈夫です。ご安心ください♡

ただ慶事用切手は昔からの慣習なので、受け取った方も「やっぱりコレよね!」と感じるのではないかな~と思います。ご年配の方は、特に。

私の時はご年配の方々のご招待も多くあったので、主人のご両親からは「厳粛に!」とキツく言われておりました。「縦書き!送り主は父親の名前で!!」が絶対条件の渋い渋~い招待状でしたから、慶事用切手はめちゃくちゃ雰囲気が合ってましたよ(笑)

なんにせよ、招待状を送る方が真心を込めて選ぶ慶事用切手は、お相手にもきっと喜ばれると思いますよ。

弔事用の切手も”必須”ではないの?

喪中はがきの切手も、必ずしも喪中用の切手で出す必要はありません。

ただ昨今は、喪中はがきの様式を『必ず胡蝶蘭の切手でないといけない
と思っている人もいるので、注意が必要といえます。

Sponsored Links