生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

1歳2ヶ月赤ちゃんが夜泣きをする5つの原因とは?

      2017/04/10



毎晩の夜泣きに悩んでいるあなたへ

筆者は、3人の子を持つ母です。私には、子供達の夜泣きに悩まされた時期がありました。なので、この記事を見つけて下さったあなたの気持ちが、とてもよく分かります。

 

夜中に何度も起きて大声で泣く。
それに何度も起こされて、母親自身も寝不足になる。

泣き声で、旦那さんを起こしてしまっては、明日の仕事に支障が出ちゃうかも……
近所の人達に迷惑をかけてしまってはいないか……

そもそも、どうして夜泣きなんてするんだろう。
どうしたら、夜泣きをしなくなるんだろう。

寝不足だし、イライラするし、ついつい子供に当たってしまう。
そして、後から自己嫌悪……一晩でいいから、ユックリ寝たいよ……

私だって、出来るものならニコニコ笑っていたいよ……
優しいお母さんで居たいんだよ……

どうしよう……
どうしよう……

 

そう、母親は、子供の夜泣きとは勿論のこと、こんな自分自身の気持ちと、毎日毎晩、戦わなくちゃいけないんですよね。

終わりの見えない、この状況に、疲れちゃって、辛くて悲しくて……私も泣いてばかり居ました。


お願いだから、今晩は泣かないでね‥

って、祈る思いで布団に入っては、やっぱり始まる夜泣きに、泣きながら付き合った夜も数えきれないくらいあります。

大丈夫!!大丈夫ですよ!

1人で悩まないで下さい。

1歳2ヶ月くらいの赤ちゃんが夜泣きをする原因について

一緒に、考えていきましょう!

当時、同じように悩んでいた私の経験が、今悩んでいるあなたにとって、少しでも参考になれますように…

原因を知る事で、あなたの夜泣きと向き合う気持ちが、少しでも楽になりますように……

そして、

この記事が、少しでもあなたの力になれますように…

Sponsored Links

1歳2ヶ月赤ちゃんが夜泣きをする5つの原因

夜泣きが、一番酷くなるのは、大体1歳2ヶ月くらいでしょうか。うちの子達は、9ヶ月くらいから始まって1歳2ヶ月くらいがピークでした。

まずは、そんな夜泣きの原因を、いくつか考えてみましょう。

 

1)オムツや布団、環境のせいではなく、夜泣きは「成長の証し」

オムツを替えても、布団を温めても、抱っこしても、何をしても泣き止まない。夜泣きの最大の難点はここ!とにかく、泣き続ける!

「もぉっ!いい加減にしてよっ!!」

って、なっちゃうんですよね本当に…

実は、夜泣きはそんなことをしても収まらないんです。それは、夜泣きをする原因が、他にあるからです。

 

夜泣きをする一番の原因は、「成長の証し」

という風に、赤ちゃんは、順を追って成長していきますね。その成長過程の中で、丁度、歩き出した頃から、飛躍的に視野が広がり、取り入れる情報も多くなってくるんです。すると、「暗闇が怖い」という感情が出てきたり、眠ることを本格的に怖がる(眠りは一時的な死であると思う)ようになります

 

脳の情報処理による目覚め

そうやって、色々な感情が生まれてくると同時に、赤ちゃんの脳では、寝ている間に沢山の情報を処理するようになります。すると、眠りが浅い時、脳が負荷に負けて目覚めてしまうのです。

夜、フと目が覚めた時に、暗闇の中、大好きなお母さんの姿が見えない……怖くて不安になるのは当たり前ですよね!

そうは言っても、
やっぱり辛い事に変わりはありません。私も、何度も思いました。

「成長の証なんだ」
「理解してあげなくちゃ」
「仕方のないことなんだ」

って。でも、気持ちではそう思っていても、身体がついてこない。度重なる寝不足には、どうしても勝てませんでした。

 

終わりはあるの?

あります!こんな辛い日々にも、ちゃんと終わりはありますよ。大体、2歳を過ぎた辺りから夜泣きは確実に減ってきます

言葉を話すようになってくれば、自分の気持ちを少しでも伝える事が出来るようになりますし、遊びで体力を使って、夜は疲れて深く眠るようになります。そうして、赤ちゃん自身が、自分の中での葛藤を解消出来るようになることで夜泣きは減ってくるのです。

私の子達も、2歳を過ぎた頃を境に、ピタリと夜泣きが無くなりました。本当に、ビックリしました!「体調でも悪いのか…?」と思ったものです。夜泣きがあったらあったで辛いのに、無ければ無いで心配になってしまう、複雑な母心です(笑)

この記事を読まれているあなたも、今は、終わりの見えない闇の中で、1人で戦っている気持ちになっていると思うのですが、必ずゴールはあるので、前向きに頑張って下さいね!

 

2)1歳2か月の赤ちゃんにテレビや動画の刺激は強すぎます!

1歳2ヶ月くらいの赤ちゃんは、小さな小さな子ザルちゃんだったのが、徐々に人間らしくなってくる時期です。それに伴い、脳も活発に動き始めます。

この頃の赤ちゃんは、小さな脳で毎日いっぱいいっぱいの情報を処理し始めます。

その日見た事、聞いた事、お母さんの優しい声、温かい手……夜、眠りながら、脳の中の小さな引き出しにひとつずつ、しまっていくのです。

ただ、赤ちゃんにとって、日々の生活の中には、初めての事がいっぱい!処理するのが、なかなか大変なんです。そこで、赤ちゃんは、頑張ります。情報を処理し、脳の中の引き出しにしまっていこうと、一生懸命頑張るのです。

これが、夜泣きに繋がっている

と、言われています。

夜泣きは、

赤ちゃんの頑張りの証

でもあるのです。

ところが、そこで日常とかけ離れた世界に触れさせてしまうと、どうでしょう?

例えば、テレビ。色々な光と動作が連続しているテレビは、赤ちゃんの脳には刺激的すぎます。処理しきれない音や映像といった情報が多すぎて、引き出しに入りきらず、それが夜泣きに繋がってしまうのです。


助けて〜頭がパンクしちゃうよ〜!

って、赤ちゃんからのSOSなのかもしれないですね。

実際、赤ちゃんに、昼間、テレビを沢山観せた日の夜は、興奮状態にあり、夜泣きが酷くなるというデーターが出ています。

楽なんですよ。用事を済ませたい時とか、テレビ観せておいたら静かにしてくれるし。分かります、すごく!でも、確かに、私の子供達もらテレビを多く観せていた日は、夜泣きが酷かったような覚えがあります

だってだって、大人でも布団に入ってからスマホを見ていたら、寝付きが悪くなるし、テレビを見ていても脳が追いつかなくなって眠くなっちゃう事があるでしょ。

そう考えると、赤ちゃんにとったらどれほど強い刺激なのか……

そらぁそうだよね。あんなに小さな頭の中に、入りきらなくなっちゃうよね。

少し思いやってあげなきゃいけないですね(汗)私は、それが出来てなかった…反省です…

DVDやスマホも同じです。テレビと同じく、刺激が強すぎます。

出来るだけ、光と映像の刺激は避けてあげて下さい。それだけで、夜泣きの質や回数が変わってくるはずですよ。
Sponsored Links