生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

1歳4ヶ月だとどのくらいの言葉が出てくるの?

      2017/10/14



どうしてウチの子は、いまだにこんな事も出来ないんだろう!
 
毎日、数えきれないくらい感じています。
 
私には子供が3人いるんですが、子供が小さな頃、特に1番上の子の時は不安ばかりでしたよ。
 
たくさんの言葉を喋る子や1人で歩けるようになった子を見かけた時に、
 
うちの子はまだ!?遅くない!?
 
と不安に思ったり、焦ったり…。うちの長男は小さな頃から周りの子に比べて成長が遅く、私も当時は心配で仕方がなかったです。
 
中でも1番心配した事は、言葉が出てくるのが遅いという事でした。
 
うちの長男は、2歳になってやっと一言話すことができたという極めて遅い言葉のスタートを切ったんです。
 
 
それでも今は、立派な中学生になりました。人より幼い、まだ1人で寝室に行けずにいる中学生ですけどね。理由は「オバケの事を考えちゃって怖いから」って。「なんて情けない……」と、頭を抱えている母です(苦笑)
 
育児中は、どうしても周りの子どもたちと自分の子どもを比べてしまいがちです。
 
我が子を思えばこそ「このままの状態で大丈夫かな?」という不安がついてまわりますよね。私もずいぶんと悩みながら、ここまで育ててきました。
 
もしも今、あなたが当時の私と同じ事で悩んでいるのなら、お役に立ちたい!と思って、私の体験を元にしたこの記事を書くことにしました。
 

  • 1歳4ヶ月くらいだと、話せる言葉のはどれくらい?
     
  • どんな言葉を話す?理解はしてるの?
     
  • 言葉を話さないと、発達に問題あり!?個人差は?
 
そんな不安を抱えたあなたが、少しでも育児に自信が持てるように…という気持ちを込めて書きました。私の言葉を、ちょっとしたアドバイスと受け取って頂けたら幸いです。
 
 
Sponsored Links

1歳4ヶ月で言葉が出ない!やっぱり不安です

 

私が子どもの発達を心配をするようになった経緯

1歳4ヶ月になった頃、周りの子ども達がどんどん言葉を話す様になってきました。
 
同じくらいの月齢の子どもが「パパ」「ママ」と呼んでいるのを見かけると、
 
1歳4ヶ月かぁ…。もうそろそろ言葉が出てきてもいいんじゃないか?
 
と思うようになりました。
 
が、しかし。親の思いとは裏腹に、我が子はなかなか話さない。我が子の口から、意味のある言葉を聞いた事がない…。
 
初めは「そろそろかな?まだかな?」という小さな疑問でした。
 
しかし、そこからどんどん心配が深まっていったのです。
 
どうして、ウチの子はまだ話せないんだろう……?
 
何か病気だったりして…。
 
そんな事ばかりを考える様になってしまっていました。
 
 

心配や不安な気持ちを高めてしまったもの

 

1.周りの子供と比べてしまう

その当時、私は児童館の催しや近くの保育園のイベント等に、よく参加していました。そこには我が子と同じ年齢の子が沢山います。
 
そうすると、ついつい我が子と周囲の子を比べてしまうんですよ。
 
今考えると、そうやって比べる事で心配や不安な気持ちを高めてしまったのかなと思います。
 
 

2.育児本の通りに成長していない

母に言葉の遅れについて相談した時に、
 
育児本とかは読んでないよね?育児本は参考になることや役に立つ情報が沢山書いてあるけど、それが逆に不安になってしまう事もあるのよ」
 
と言われました。
 
育児本には幼児の平均的な成長過程が書いてあったりしますよね。初めての育児に戸惑うママたちにとって、育児本は大事な指標です。
 
けれども育児本に書かれているのは、あくまで「平均的」なもの。その頃私が読んでいた育児本には「言葉が出てくるのは1歳を過ぎた頃から」と書かれていました。
 
「えっ!ウチの子、1歳過ぎたけどまだまだ言葉なんて出てきそうにないよー……」
 
なんて、すごく不安になった覚えがあります。
 
平均ですから、そのタイミングで必ず言葉が出てくるわけではありません。早い子も遅い子もいるっていうことは、分かっていたはずなんですけどね…。
 
1歳半健診というものがあったので、その時まで待てば保健士さんや小児科の先生に相談する事も出来ました。
 
ですが、なかなか待つことが出来ず…1人、心の中で悩み続ける日々でした。どうしても不安で、そして心配で仕方がありませんでした。
 
こういった育児本や雑誌の記事、ネットでの書き込みなんかを見ないようにしたら不安は減るのかもしれませんが、不安だから見ちゃうんですよね。でも、できれば避けたい情報です。
 

1歳4ヶ月になった赤ちゃんの言葉のバリエーションは?

では、平均的な言葉の進み方とは、どんな形なのでしょうか。
 
あくまで平均的なものなので、この月齢で喋っていなくても、あまり気になさらないでくださいね。
 
1歳3ヶ月頃まで 「ママ」「パパ」「ブーブ」「ワンワン」といった簡単な言葉と”宇宙語”が主なバリエーション
1歳4ヶ月以降 「落ちた」「空っぽ」などの形容詞的な言葉を話す子が出てきます
1歳6ヶ月 1歳半検診があり、保健士さんによる簡単な検査を受けます
 
その子その子で話せる言葉や表現は変わってきます。「ママ」より先に「ばぁば」が言える子もいるでしょうし、喋りはしないけどママが言う「楽しい」を理解できている様子の子もいましたよ。
 
言葉が話せるようになってきたとはいえ、1歳4ヶ月ではよくわからない発音の”宇宙語”がほとんど。「ママ、きた!」といった二語文を話すのはまだ先で、単語のみを喋ります。
 
 

1歳半健診で相談できる!

1歳半健診では、おしゃべりが出来るかチェックをします。
 
そのテストは数枚のカードを広げ、「ぞうさんはどれ?」「レモンはどれ?」など質問されます。その質問に合った絵のカードを差し出すことが出来るか、といった内容です。
 
このチェックでは、正しい答えを選ぶ事が全てではないのだそうです。色んな音を発音できていることや、理解や興味を示すかなど様々な視点でチェックしています。子供が「今は興味が無いだけ」かどうかも考慮してくれるそうですよ。
 
また未熟児だった子の場合は、誕生日から数えると1歳6ヶ月でも、お腹から早く出てきちゃった分だけ「生まれてからの成長」も遅くなってしまいます。そういった修正月齢も、もちろん考慮されます。
 
 
色々と考慮した上で、場合によっては一度専門家に診てもらう事も勧められます。私の知り合いで「障害ではないけれど、この先入園や入学のタイミングで苦労するかもしれないから、リトミックなどの教室に通って少し慣れると良い」と勧められた方もいましたよ。
 
少々言葉が遅くても、ここで「保健士さんが我が子の様子を見て何も疑問に感じていなかった」という事実がすごーく励みになりますよね。
 
ウチの長男は、この検査で全く答える事が出来ませんでした。けれど保健士さんが「大丈夫!大丈夫!」と笑い飛ばしてくれて、すごくホッとしたのを覚えています。
 
Sponsored Links