生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

哺乳瓶を消毒しないとどうなるか?赤ちゃんへの影響は?

      2017/05/02



私の周辺のママさん達は、抵抗力の弱い赤ちゃん用品の扱いにはとても注意しています。
生後間もない赤ちゃんに必須であろう「哺乳瓶の消毒」に関しても、念入りに行っていることでしょう。
 
だけど、出産後の体力が回復していない状態で行う育児は本当に大変です。
上の子がいる場合は、もう手がまわりませんよね‥
 
できれば、手間のかかる哺乳瓶の消毒なんて省きたい!と思ったことはありませんか?
 
実は、私にも二人の子供がおりまして、上の子と下の子のお世話を同時にするという状況を経験しています。
 
正直、本当に大変でした…
 
母乳以外に哺乳瓶を使わなければならない場面も何度か経験しましたので、
消毒が面倒くさいという気持ちはよくわかります。
 
現在、もう一人を妊娠中なので、再びあの大変な日々がやってくるのかと思うと…
その限られた時間の中で行わなければいけない「哺乳瓶の消毒」
 
 
この作業がどうして必要なのか?を探っていきたいと思います。
 
また、
 

  • 哺乳瓶を消毒しないとどうなるか?
     
  • 消毒しないと赤ちゃんにどのような影響があるのか?
 
ということも、私の子育て経験を生かして解説していきますね。
 
Sponsored Links

哺乳瓶を消毒しないとどうなるのか?

あなたはどこで「哺乳瓶を消毒する」ということを知りましたか?出産した産院や実母、本や雑誌など…情報源はたくさんありますよね。
 
それを知ってから、当たり前のように行っている哺乳瓶の消毒ですが、「消毒しないとどうなるのか?」ということを考えたことはありますか?
 
普段から何気なく当たり前にやっていることでも、理由を知る機会というのは少ないですよね。そこで、まずは消毒をしないとどのような影響があるのかをご覧いただきたいと思います!
 
 

菌が繁殖する

哺乳瓶の消毒を怠ることで菌が繁殖してしまいます。これはミルクに付着し繁殖する菌なので、母乳の乳首についている菌とは異なる雑菌です。
 
なので、哺乳瓶に繁殖する菌から赤ちゃんを守るためにも、哺乳瓶の消毒は必ず行ってください。
 
 

お母さんからもらう免疫は無くなる

赤ちゃんは生まれてから3か月くらいまでは、胎内や初乳からもらったお母さんの免疫を持っていますが、それは徐々に無くなっていきます。
 
 
 
お母さんからもらった免疫が無くなると、赤ちゃん自身が持っている免疫で自分を守らなければいけないのです。
 
しかし、赤ちゃんの免疫力は弱いので、少しの雑菌に対しても抵抗できない可能性が高いと言えます。
 
赤ちゃんのことを考えると、消毒などを含めた雑菌対策はできる限りしてあげた方が良いでしょう。
 
 

赤ちゃんの死亡率

途上国や一昔前の赤ちゃんの死亡率が高いのはなぜだと思いますか?様々な理由があるかと思いますが、その一つには「ばい菌」が挙げられます。
 
現在の日本では、「ばい菌」を除去するための手段がたくさんあるため、ばい菌による赤ちゃんの死亡率は少なくなっています。
 
そう考えると、哺乳瓶を消毒をするということは、赤ちゃんの命に関わる重要なことだというのがわかりますよね。
 
哺乳瓶の消毒を怠ると、赤ちゃんの命が危険にさらされる恐れもあるのですね。育児に疲れてくると、なんでこんなことをしているのだろう?と疑問に思うこともあるでしょう。
 
しかし、それは決して無駄なことではなく、赤ちゃんを守るために行っていることだということを忘れないでください!
 
私は心配性ということもあり、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと色々なことをやって疲れるのですが…
 
その中でも、子供に関わることは手が抜けないんですよね。ここで調べているあなたもきっと同じはずです。
 
もし、そうでなければとっくに哺乳瓶の消毒はやめているでしょう。日々の育児に疲れながらも子供のことを考えながら頑張っているあなたは素晴らしいですよ!
 

えっ、哺乳瓶の消毒は不要?「ネットの書き込み」はホント?

哺乳瓶の消毒は必要かどうか悩んでいると、「他のママたちはどうしているんだろう?」とついついネットで調べてしまいますよね。
 
ネットにはたくさんの人が自分の経験談などを書き込んでいるので、もちろん育児に関しての情報も多いはずです。
 
その中で、「哺乳瓶の消毒をしなかった」というネットの口コミをピックアップしてみていきましょう!
 
 
こういった意見があります。確かにそうだな…と思う意見もありますよね。生後半年くらい経った離乳食を始める頃から消毒をやめるお母さんもいます。
 
私もその一人なのですが…どこで調べたかは覚えていませんが、5か月くらいからは消毒をやめても良いというのが頭にあり、その頃からは消毒をしていませんでした。
 
では、これらの書き込みが本当に信じて良いものなのかを次項で検証していきますね!
 

哺乳瓶を消毒しない「ネットの書き込み」に対する検証

あなたはネットの書き込みなどを信じる派ですか?私は、ネットの書き込みを見るものの、その意見が多くても、やはり専門的に詳しい人(お医者様、市の保健師さんなど)に確認しなくては気が済まない方です。
 
ましてや、子供のこととなると尚更なんですよね~。
 
前項でご紹介したネットの書き込みに関することだけでも知りたいんです!という方もいると思うので、一つ一つ見ていきましょう!
 
 
 
おもちゃには確かに雑菌が付着していますが、そもそも食べ物ではないので雑菌が繁殖するわけではありません。
 
一方、ミルクはとても高栄養で、一度菌が入ってしまったら時間が経つにつれて餌に群がる雑菌が大繁殖するのです。
 
 
 
確かに、ほとんど大丈夫ではあるだろうけれど、絶対に大丈夫とは言い切れません。今でも新生児突然死症候群と呼ばれる原因が特定できない乳児の突然死があります。
 
その原因は菌のせいなのか、突然呼吸が止まってしまったのかなどはわかりません。防げるものは未然に防いでおくのが一番です。
 
 
 
離乳食に使うお皿は複雑な形状をしていませんよね?それに比べて哺乳瓶はどうでしょう?
乳首部分は構造が複雑で洗いにくく、瓶自体も洗いにくく汚れが落ちにくいんですよね。なので、洗剤で洗うだけでは完全に菌を除去することが難しいんです。
 
 
 
確かに、お母さんの乳首を含め、生命体の皮膚には雑菌が存在します。しかし、それ以上に体を守るための被膜があるので、皮膚が雑菌に覆われることはありません。
 
一方ミルクは生命体ではないので、雑菌が繁殖するのです。
 
確かに、他の洗い物に比べて赤ちゃんの哺乳瓶は複雑な形をしていて、普通のスポンジだけでは洗いきれませんし、隅々まできっちり洗えているかと言われれば、自信がありませんよね。
 
私も、実母に哺乳瓶の乳首を洗う用のスポンジを買ってもらうまで、存在を知りませんでした!
 
また、ビンの部分は100均などに売っているボトル用のスポンジを使用していましたが、十分な力で洗えているかと言われれば、そうではないんですよね。
 
赤ちゃんの健康や安全面を考えるならば、やはり消毒は必要ですね!
 
Sponsored Links