生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

下唇が厚いのを治したい!下唇を薄くする4つの方法

      2018/04/25



男性から見ると、ぽってりした下唇は「セクシー」「可愛い」「魅力的」と言ったように、高評価なんですよね。
 
 
しかし、それをコンプレックスに感じてしまい「治したい!」と思っている女性も少なくありません。
 
これを読んでいるあなたも下唇が厚いことに悩んでいるのではないでしょうか?
 
そこで、今回は、
 

  • 下唇が厚いのを治すにはどうしたら良いか?
  • 下唇をどうにかして薄くしたい!
 
…などのお悩みにお答えしたいと思います。
 
実は私も少し前まで「涙袋がある」ということに悩んでいました。人よりも涙袋がふっくらしていて影ができてしまい、クマができているように見えていたのが嫌でした。
 
しかし、ある時テレビや雑誌で「涙袋が魅力的」「涙袋をメイクで作っている」などというのを目にして以来、「これはチャームポイントなんだ」と考えを改めたのです。
 
我ながら単純だと思ったのですが…(苦笑)
 
しかし、悩んでいるあなたの気持ちはわかりますし、よい解決策を紹介させていただきますね!
 
Sponsored Links

下唇が厚いのを治したい!下唇を薄くする4つの方法

先にも述べましたが、下唇が厚いというのは男性から見てとても魅力的に感じるポイントなんです。芸能人で言うと「石原さとみさん」が有名ですよね!
 
確かに女性から見てもセクシーじゃないですか?そんな下唇に憧れている女性も多いはずです!
 
しかし、人によっては下唇が厚いことで悩んでいる人もいるんですよね…。
 
それでは、下唇を薄くする方法を、順番にお伝えしていきたいと思います。
 
 

方法1)下唇の厚さはメイクでカバーできます!

下唇が厚いことで悩んでいるけれど、整形まではしたくないという方にオススメなのが「メイクでカバーする」という方法です。
 
 
メイク道具なら安価で手に入りますし、顔を傷つけることもないので安心安全ですよね!では、さっそくその方法をご紹介していきます。
 

唇の厚さの黄金比とは?

あなたは唇の厚さの理想的なバランスというものを知っていますか?まずはそこから確認しましょう!
 
唇の厚さの黄金比とは…
 
上唇:下唇=1.1.5 です!
 
この比率になるように、まずは元の唇の色を消してから、自分の顔のパーツのバランスを見ながら唇を描いていきます。
 
 
用意するもの
 
  • コンシーラー(または明るめのファンデーション)
  • リップライナー(唇の色に似た色)
  • 口紅(ナチュラルな色)
  • グロス(馴染みの良いオレンジ系やベージュ系がオススメ)
 
 
唇の描き方
 
  1. コンシーラーやファンデーションで唇の色味を抑えて、唇と肌の境界線をぼかす(唇のボリューム感を抑えられます)。
     
  2. 唇の色に似たリップライナーで、実際の唇よりも小さめにリップラインを描く。
     
  3. ナチュラルな色味の口紅で、リップラインの中を塗り潰す。
     
  4. コンシーラーで唇の陰影を消す。
     
  5. 唇中央にグロスをのせて、立体感を強調する(そこに目線が行くようにするため)。
 
これで理想的な唇の完成です!簡単ですよね?メイクだけで下唇が厚いということを解決できるなら、とってもお手軽にできますよ!
 
あなたは口呼吸?それとも鼻呼吸?
 
下唇が厚い人に多いのが「口呼吸」をしているということです。もし、あなたが口呼吸をしているのであれば、鼻呼吸をするように意識を変えていきましょう。
 
根本的な原因を解決することで、少しは改善する場合もあるのです。この記事で紹介する4つの方法以前に、1度は試してみて下さいね!
 
 

方法2)整形で薄くする方法もあります。

「毎日下唇を隠すためのメイクをするのは面倒くさい」「ノーメイクの時はやっぱり気になる」など、メイクで解決できないという方は、手術という手もあります。
 
 
手術をすれば確かにイメージは変わるので、それで笑顔になれる機会が増える!と言うのであれば、ずっと悩んでいるよりも精神的には良いのかもしれません。
 
しかし、手術の料金自体はピンキリなので、一概にどこが良いとは言えないんですよね。
 

美容外科選びのポイントは?

 
1.その場では契約しない
 
どんなに良いところでもその場では契約せずに、いったん家に持ち帰って検討して下さい。冷静に考えることも必要です。
 
 
2.カウンセラーの言葉は基本的に信用しない
 
率直に言うと、カウンセラーは契約が成立することしか頭にありません。その場で契約することしか考えていないのですから、あなたが欲しい言葉をポンポン出してきます。
 
それを鵜呑みにして契約してしまえば、失敗したときにはどうにもなりませんよね。
 
 
3.実績を見せてもらう
 
実際に手術された患者さんの写真を複数見せてもらいましょう。自分に一番近いタイプのビフォーアフターを見せてもらうとイメージしやすいですよね。
 
 
4.何件かの美容外科を比較する
 
1件で悩んだり決定したりせずに、出来れば3件以上の医院と意思を比較検討して下さい。その中から、あなたが一番良いと思うところを選びましょう。
 
手術を考えている方へ…
 
下唇を含め、顔のパーツを変えることで顔の印象がだいぶ変わります。もちろん周囲の目も気になってきます。
 
また、口元の手術をすることで食事も取りにくくなりますし、痛みがないとも言えません。
 
さらに、顔の見た目のバランスも変わってきて、他の部位まで気になってくる可能性もあります。そうなると、あっちもこっちも…と手術を繰り返すことになりかねません。
 
そして一番気がかりであろう手術費用は保険が利かないので高額になりますし、高いお金を払っても思った通りの形にならない場合もあります。
 
そういったことを念頭に置いて、慎重に検討しましょう。一度変えてしまえば、もとに戻すことはできません。
 
私はピアスを開けることさえためらったので、どんなにコンプレックスがある事でも整形までは考えられません!
 
何より、手術とか自体が怖いんですよね…。あなたも整形を考える前に、まずは前項で紹介したメイクを試してみたらどうでしょうか?
 
 
Sponsored Links