ピスタチオのカビに注意!紫色の変色の正体と食べられるかの見分け方

ピスタチオがピンクや紫色なのは、もともとの色や加熱加工による変色なので食べたとしても問題ありません。

ただし、白い斑点や中身が黒くなっている場合は、カビが発生している可能性があります。

ピスタチオのカビには、発がん性のあるカビ毒(アフラトキシン)が含まれている場合もあるため、注意が必要です。

ピスタチオ カビ

またピスタチオは湿気や酸化に弱く、保存状態が悪いと劣化が進む原因となるため、正しい保存方法を知っておくことが大切です。

この記事では、ローストピスタチオのカビについて知っておきたい以下の項目を紹介します。

この記事を読むとお手持ちのピスタチオが食べられるかの見分け方がわかるので、まだ食べられるピスタチオを間違えて破棄するのも防げますよ。

ピスタチオをより美味しく味わうための参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?

おでん 常温保存

おでんの常温保存は何時間まで?夏に次の日まで常温放置は危険?

煮物 常温

煮物の常温放置は何時間まで?一晩は危険?日持ちと火入れのコツ

ポテトサラダ 常温

ポテトサラダの常温放置はOK?腐るとどうなる?保存期間の目安

オイスターソース 常温

オイスターソースは常温保存でOK?開封後は腐る?カビの対処法も

チーズケーキ 常温

チーズケーキは常温保存で何時間まで大丈夫?半日放置は腐るの?

飲むヨーグルト 常温

飲むヨーグルトの常温放置は数時間なら大丈夫?保存期間を解説

肉じゃが 常温

肉じゃがの常温放置は腐るの?翌日まではOK?冷蔵庫での日持ちも

こんにゃく 常温

こんにゃくは常温保存でOK?開封後は?日持ち目安と保存のコツ!

ハヤシライス 常温

ハヤシライスの常温放置は腐る?常温・冷蔵庫・冷凍で何日もつ?

トマトソース

トマトソースの日持ちは?作り置きの冷蔵・冷凍保存期間を解説!

ソース 常温

ソースは常温保存が可能?開封後は冷蔵庫?保存方法を徹底解説!

羊羹 常温

羊羹は常温OK?冷やす?冷蔵庫・冷凍での日持ちと正しい保存方法


ピスタチオにカビっぽいものが?食べられるか見分け方のポイント

ピスタチオにカビが生えているように見えても食べられるのかはから判断しましょう。

ピスタチオ 変色

食べられる色の例から紹介し、カビの毒性についても説明していきます。

緑色やピンク・紫に変色した場合は食べられる

ピスタチオが次のような色をしている場合は、問題なく安全に食べられます。(※1)

緑色 葉緑素でカビではない
ピンク 生のピスタチオにはピンクの斑紋がある
紫色 加熱加工によって紫色から褐色に変わる

また、殻をむくと赤い薄皮が出てくると思いますが、皮の部分は栄養(食物繊維)も豊富なのでぜひ食べてみてくださいね。

ちなみにコストコのピスタチオも大容量で人気の商品で、緑色だとカビに見えて心配になる方もいるようですが、心配する必要はありません。

また、生食できるタイプのピスタチオはとくに緑色が濃くて心配になるかもしれませんが、同じくカビではありませんので安全に食べることができますよ。

なお、ピスタチオに白い斑点や、中身が黒くなっている場合は要注意です。

カビが生えている場合は食べない!

ピスタチオにカビが生えているのか判断に迷う際は、次のような特徴があるか確認しましょう。

カビの生えたピスタチオの特徴
  • 白い斑点がある
  • 中身が黒い

ピスタチオに画像のようなカビが生えたら、食べないのが無難。

カビにはカビ毒といって身体に有害な物質が含まれていることがあるためです。

中にはブルーチーズのように食べても害のない場合がありますが、同じ青カビでも有害のものと無害のものとがあり、安全性を見極めるのは困難です。

ピスタチオ カビ 見分け方

また、ピスタチオで特に注意したいカビに、アフラトキシンがあります。

アフラトキシンは最も発がん性の高いカビ毒産生菌で、少量を長時間にわたって摂取すると慢性毒性を、大量に摂取すると急性肝障害を引き起こすといわれています。(※2)

このように、カビの中には毒性の強いものもありますが、カビの種類を見分けるのは困難なのでカビの生えているピスタチオを見つけた場合は、食べないのが安全です。

ちなみにピスタチオがカビ臭いという意見もSNSで見かけますが、カビ臭さはナッツ特有の臭いのようで、安全性には問題がないことがわかりました。(※3)

万が一、カビの生えているピスタチオを食べてしまったときは症状によっては受診が必要になることもあります。

カビを食べてしまったときは・・・

ピスタチオにカビが生えているのに気づかずに食べると、お腹を下したり、嘔吐したりする急性の中毒症状が起こることがまれにあります。

また長期間に渡って摂取すると、肝障害・腎障害・消化器系障害などが起こることもあります。(※4)

とくにアフラトキシンは前述した通りガンになる可能性もあって命に関わることもあるので注意が必要です。

万が一カビを食べてしまい下痢や嘔吐が続く場合、症状によっては受診が必要になります。

経過観察後、体調が回復しない場合は速やかに病院へ行くようにしてくださいね。

ピスタチオ 食中毒

では次に、ピスタチオの鮮度の見分け方を確認してみましょう。

 
スポンサーリンク
 

ピスタチオのカビ以外に食べたら危険な状態は?鮮度の見分け方

ピスタチオはカビが生える可能性だけでなく、鮮度が落ちると品質が劣化するおそれがあります。

新鮮な状態と、鮮度が落ちて食べられない状態の違いを踏まえた見分け方を覚えておきましょう。

食感の変化と酸化した臭いに注目!

新鮮なピスタチオには、以下のような特徴があります。

  • パリッとした食感の良さ
  • 油臭くない

ピスタチオは湿気によって劣化すると食感が悪くなるため、パリッとした食感が新鮮な条件になります。(※5)

また、酸化によって油臭いこともあるため、普通とは違う臭いがしないか確認してみましょう。

ただし、この程度なら風味が落ちただけで、安全性については問題なく食べられます。

では次に、劣化が進み食べられなくなったピスタチオの特徴を確認してみましょう。

食べられないほど劣化が進んだピスタチオの特徴

食べられないほど劣化の進んだピスタチオには、次のような特徴があります。

  • ベタベタしている
  • 酸っぱい臭いがする
  • 古くなった油の臭いや味がする
  • 変な味がする

劣化が進んだピスタチオを食べると身体に悪い影響があるかもしれないので食べないようにしてください。

なお、ピスタチオは水分が少ないため腐ることはほとんどありません。

このようにピスタチオが食べられない状態になってしまうのを防ぐには、正しい保存方法を守りましょう。

 
スポンサーリンク
 

カビを防ごう!ピスタチオの美味しい状態を保てる保存方法

ピスタチオの劣化を防ぐ対処法は、湿気酸化を防ぐ方法で保存することが大切。

具体的な湿気や酸化の防止法は以下の通りです。

  • 冷蔵庫で保存する
  • 開封後は保存袋に入れ、空気を抜いて保存する

直射日光は酸化が進む原因になり、温度変化によっても劣化するのでピスタチオは冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

また、開封後は空気に触れないようにジッパー付き保存袋に入れて酸化を防ぎましょう。

ピスタチオ カビ 保存方法

長期間保存したい場合は、保存袋に乾燥材を入れるのもおすすめです。

なお、開封後のナッツの保存期間は約1ヵ月以内が目安なので、開封後は賞味期限に関わらずなるべく早く食べ切るようにしましょう。(※6)

冷蔵庫から出して食べる際はしばらく室内に置き、室温に戻して食べるようにしましょう。

なお、冷凍保存はピスタチオの食感が硬くなってしまう可能性があるため、おすすめしません。

 
スポンサーリンク
 

結論|ピスタチオはカビに注意して正しく保存しよう

ピスタチオが緑や紫・ピンク色をしている場合は自然由来の色のため食べることができますが、カビが生えている場合は食べないのが安全です。

身体に有害なカビ毒が含まれていることがあり、急性の症状では嘔吐や下痢を引き起こし、カビ毒の種類によっては長期的に摂取すると発がんする場合もあるためです。

カビが生えていなくても、ベタベタして酸っぱい臭いや古くなった油の臭いや味がする場合も食べずに破棄したほうが良いでしょう。

さまざまなレシピにも応用できるピスタチオの美味しさを活かし、味わってくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました