PR

花束3000円分のボリュームをお花屋さんが解説します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

花束をプレゼントをしたいけど、どのくらいの金額やボリュームを目安にしたら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は、花屋で働いている私がよく注文を受ける、3000円分の花束について以下の項目を紹介します。

 

  • 3000円相当の花束を注文するとき店員さんに伝えるべきこと
  • ネット通販で3000円の花束を購入するメリット・デメリット
  • 花束以外に3000円で買える「お花のプレゼント」

 

退職する人の送別会、還暦や古希のお祝い、結婚祝い、卒業式、結婚式、成人式、誕生日、母の日、結婚記念日、演奏会、クリスマス、贈答用・・・など、花束を誰かに渡したいという機会はいろいろありますよね。

それぞれのシーンに応じて素敵な花束を贈りたいと注文されるお客様も多く、予算3000円くらいの花束は割とポピュラーな価格帯かだと思いますが、サイズ感については好みが分かれると思います。

値段が3000円程度ならどのくらいの大きさを目安にしたら良いのかも含め、花束を注文する際に知っておきたいポイントを詳しく紹介しますので、ぜひ参考にして素敵な花束をプレゼントしてくださいね!

   
こんな記事もおすすめ!
戸隠神社 行ってはいけない

【戸隠神社に行ってはいけない?】呼ばれると人生が変わる理由

0800 出てしまった

【0800からの着信に出てしまったら料金発生する?】対処方法も解説

中国からの電話に出てしまった 料金

【海外詐欺】中国からの電話に出てしまったけど料金はかかる?

ニゲラ 植えてはいけない

【ニゲラを植えてはいけない理由】庭で増えすぎて毒性もある!?

Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

蚕 成虫にしてはいけない理由

【蚕を成虫にしてはいけない理由】かつては飼育が禁止だった!?

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

スポンサーリンク

花束3000円のボリュームについてプロの花屋が解説します!

3000円ほどの花束であれば、贈る当日にお花屋さんに行き、その場で作ってもらえます。

花束を作るのにかかる時間は、混んでいなければ15〜20分程度が目安でしょう。

ゆっくり相談した方がより満足のいく仕上がりになるでしょうから、できれば時間は余裕を持って算段しておくと良いですよ。

仕上がりサイズの目安は縦横20センチサイズ程のブーケくらいのイメージです。

 

3000円分の花束は花の種類や時期によって大きさが変わる!

花束は同じ金額でも色々と形を変えられるので、コロンとした形だったりスリムな縦長だったりすれば多少サイズは変わってきます。

またお花の種類によっても花1本あたりの単価が違いますので、何をどれだけ使うかによって出来上がりのサイズは異なります。

バラやガーベラ、カーネーションなど、あらかじめ使いたい花の種類を決めておくのも良いですね。

楽天の人気店で花束3000円分というと↓これくらい↓になりますので、ボリュームをイメージする目安にしてくださいね。

 

 

そして大切なのは時期!

同じお花でも時期によってかなり値段が異なります。

例えばお盆やお彼岸、お正月等のイベントシーズンにはお花の値段がグーンと上がります。

またお花は生鮮食品と同様に、天気によっても値段が変わります。

例えば寒波や熱波が激しい季節や産地に台風が直撃といった時にも、お花の値段が上がります。

「お野菜の値段が高い時は、お花の値段も高い」ということを、豆知識として是非頭に入れておいて下さいね。

 

注文時には確認しておきたい!「税込」それとも「税別」?

実店舗でもネット通販でも同じですが、「3000円の花束」と注文したはずなのに、いざ花束を引き取って支払う際に「3240円です」「予算オーバーしとるやないかいっ!」という事態が起こってしまう場合があります。

そうならないためにも、注文する際は必ず税込3000円」なのか税別3000円」なのかを確認しておきましょう。

複数人で予算を出し合う場合、予算オーバーは絶対に避けたいですよね。

そういう時は「税込で3000円以内」と伝えておくと確実ですよ。

また消費税だけでなく、

  • ラッピング代は含まれているのか
  • 配送を頼んだ場合に配送料を負担する必要があるのか

も確認しておきましょう。

配送料金込みで税込価格で3000円の花束の場合、実質2000円〜2500円程度のボリュームの花束になることを年頭においておくと良いかと思います。

ちなみに消費税込み3240円(花束代プラス消費税)の花束だったら、ネットでは幅広く販売されていますよ。

 

2000円分の花束が気になる」という方は、こちらの記事も参考にどうぞ!
参考記事
花束2000円分の大きさは?もう迷わない!花束注文のコツ

 

実際に花束を注文する際に、こう伝えてもらえると良いポイントを花屋の立場から詳しく紹介します。

これを知っておくと、あなたもイメージどおりの花束を作ってもらえるので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

3000円分の花束を注文する際に店員へ伝えてほしいポイント

お花屋さんで店員に「花束をお願いしたいんですけど…」と告げた後、待っていれば好みの花束が出てくるわけではありません。

出来上がった花束を指さして「これください!」とできれば簡単ですが、注文して一から作るためには自分から色々と情報を伝えなくてはいけませんよね。

あなたが花束を注文するときに店員さんに伝えるべきことは、この2つです。

  • 花束を作るまでに待てる時間(色々と相談するうちに約束の時間に…とならないよう、最初にリミットを確認しておきます)
  • 贈る目的・色合いの好みなど(同じ予算でも作れる花束にはバリエーションがあるので、シチュエーションや好みに合うよう具体的な話をします)

スムーズに伝えられるよう、あらかじめメモをしておくなどして前もって自分の中で考えをまとめておきましょう。

また贈る目的や色合いの好みについては、具体的に伝えた方が良いです。

 

贈る目的は?

お誕生日、還暦祝い、父の日や母の日、退職する人の送別会、卒業祝など、シチュエーションがわかると作りやすい

どんな色合いにしたいか?

相手の好みの色やよく着ている服の色などを参考に、花束のメインの色を決めると作りやすい

 

贈る相手が好きな色合いにすると喜ばれるはずなので、出来るだけ多くの情報を伝えて下さいね。

「こんな詳細な話、店員さんは興味ないよね…」と思うことはありません。

具体的なイメージをしやすくなるので、相手のイメージや贈る目的・場所を考慮して好まれそうな花を提案してくれたりするはずですよ。

 

花屋の店員が考えている「お客さんに教えてほしいこと」

ここでは私が花束を作る時の手順を参考に、お客さんに教えてほしいと思うことについてお話します。注文の際の参考にしてくださいね。

 

1.花束を贈る相手のイメージはどういった感じですか?

「元気で明るい人」「優しくふんわりした人」など、相手の方のイメージに沿った形で作らせてもらいます。

作りたい花束のイメージがはっきりとある場合、写真の切り抜きや携帯電話で画像を見せるなどすると、それに近い花材を選んで提案してくれるはずですよ。

人物から花のイメージを決めるのが難しければ、贈る目的や相手への尊敬・感謝の気持ちなどを花言葉で取り入れてみてはどうでしょうか?

例えば退院祝いで贈る場合なら、オレンジのガーベラの「我慢強さ」、ベゴニアの「幸福な日々」、カスミソウの「幸福」などがオススメです。

 

2.贈りたい花束の形状はどんな感じですか?

持ちやすいブーケ型、かご入り、鉢植え、その他こだわりたい花束のラッピングの形など、情報が多ければ多いほど、お客様のイメージに近付いた花束を作ることが出来ます。

出来るだけ沢山の情報をくださいね!

 

3.どんな事を重視した花束を作って欲しいですか?

「一番重視すること=目標」が分かっている方が、断然作りやすくなります。

例えば「ボリューム重視にしたい」とか「質(花の種類など)を重視したい」等は、店員さんに相談して一緒に具体策を考える方がスムーズです。

より良いものが出来るよう、遠慮しないでどんな事でも店員さんに聞いてみて下さいね!

 

お店選びは慎重に!

よりイメージに合った花束を作ってもらおうと考えた時、「どういう注文をするか」の他にもう一つ、「どの店で注文するか」によっても仕上がりに差が出てきます。

より自分の理想に近い花束を手に入れるために、慎重なお店選びをオススメします。お店選びのコツは次の2つです。

 

1.店頭を見て自分や相手の好みに合いそうかを判断すると良い

花束を同じ予算内で作ったとしても、見た目や形は店舗ごとでさまざま。

そのお店の店員さんのセンスはもちろん、その日仕入れてきたお花が何かによっても出来上がる花束が変わってくるんです。

なのでお店を選ぶ際は、店頭に飾ってあるアレンジメントやお店に有る花材等を見て、好みに合うかを判断するのが良いと思います。

ちなみに、私のお店でも店長が作る花束と従業員が作る花束とでは全く違う雰囲気や形になるんですよ!

店長は「出来るだけ豪華に、豪勢に…」と、百合やガーベラといった存在感がある花を使う事が多いです。

一方の従業員は全体的にこじんまりとした形で、比較的小さめの花をたっぷりと使う事が多いです。

同じ1つのお店でもこんなにも違いが出てくるものなんです。

それぞれ好みですから、自分に合った店員さんを見つけるのもポイントの1つですよ!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

siora オーダーフラワーギフト3000yen
価格:3240円(税込、送料別) (2018/5/26時点)

 

2.できればお店の場所も考慮すると良い

実店舗へ出向いて購入する場合は、同じ値段でもお店の場所によってサイズやセンスが変わってきます。

例えば繁華街よりも住宅地や商店街の方が、予算内でも見栄えのする花束を作ってもらえる可能性が高いんです。

その理由は……単純に、繁華街は家賃が高いから

高い家賃が支払えるだけの利益をあげようと思うと、その分お花の値段も上がっちゃうという訳です。

私はというと、小さな町の住宅地にあるお花屋さんで働いていますので、ウチの花は比較的安い方だと思っています。

たまに、繁華街のお花屋さんを見てお花の値段にビックリたまげることもありますね。「ウチの店の数倍の値段じゃないのっ!!」って(笑)

それでもやっぱり、3000円の予算だと限界があります。

お花屋さん側としてはもちろん精一杯やらせて頂くのですが、ラッピング等を含めるとどうしてもお花が少なくなってしまったり、小さな花束になってしまったりします

そこは申し訳ありませんが、ご理解下さいね!

次章では近くのお花屋さんではなく、ネット通販で花束を購入する場合のメリットとデメリットについて紹介します。
 

   

ネット通販で3000円の花束を購入する際のメリット・デメリット

ネット通販でも簡単に花束を購入できます。

例えば楽天市場のようなウェブサイトで「花束 3000円」というキーワードを検索してみると、沢山の花束が出てきます。

 

 

ただ「ネット通販だと実際の花の状態を見ずに買うから不安…」という方もいらっしゃることでしょう。

そこでまず、ネット通販で花束を購入する際のメリットデメリットをいくつかあげてみますね。

 

メリット

  • 画像が記載されているのでイメージしやすい
  • 店舗によっては実際に花束を作り、発送する直前の画像をメールで送ってくれるサービスもある
  • お花屋さんが開いていない時間帯でも24時間注文することができる
  • お花屋さんまで足を運ぶことなく注文することができる
  • お店によっては1本から必要な分だけ追加できるものがあるので、同じ花を1種類だけ花束にしたいなら買いやすい

※ただし送料が高めに設定されている場合が多いので要注意


デメリット

  • 配送時に一部の花がしおれてしまったり、水が多く入りすぎて箱が濡れてしまったりというトラブルがある
  • 商品が届くまでに日数がかかる場合がある
  • 送料が必要
  • 実際に目で見て購入することが出来ない
  • 返品不可

 

予算を考える際は送料がかかることをお忘れなく!

最初から「送料無料」と記載されているショップだと安心ですね。

大きなショッピングサイト以外に、花キューピットや青山フラワーマーケットなど実店舗があるお店でも自社サイトでネット通販をしている場合もあります。

店舗によっては細やかな対応もしてくれるので、そちらを利用してみるのもいいかもしれません。

ただし通販を利用する際にはトラブルを避けるため、注意事項をよく読むなど、より慎重にお店を選ぶことが大切です。

口コミではトラブルの有無、あった場合はきちんと対応しているかを確認しておくと良いでしょう。

最後に、予算3000円で花束以外にも喜ばれるお花のプレゼントについて紹介します。
 

花束以外に3000円で買える「お花のプレゼント」とは?

税込3000円以内だとラッピング等の材料費も加わるため、実質2200円〜2500円程度の花束になってしまいます。

また長時間持ち歩くことになるなど、「相手の負担を考えると生花は無理かなぁ」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで!見た目が「お花」であれば構わないという方に、ここでは生花以外でもプレゼントに向いているものをいくつか紹介します。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの見た目は生花に近く活き活きしています。

生花よりも加工に手間がかかるため、実は値段は”若干お高め”です…。

予算が3000円となるとサイズは小さくなりますが、水をあげる必要も無く長持ちするので、プレゼントすると喜ばれますよ。

 

 

ソープフラワー

ソープフラワーは石鹸の素材から作られた、ほのかに香る観賞用の花です。

プリザーブドフラワーと同じく水換えや水やりの手間が要らず、なおかつプリザーブドフラワーよりも長持ちするためコスパも高いです。

生花のように花粉や臭いの発生、菌の繁殖が無いため花粉アレルギーを持っている人へのプレゼントに最適ですね!

「造花っぽい」との酷評もありますが、逆に造花っぽいからこそ出せる色味や艶も有ると思うので、 私的には「全然アリ!」です。

 

 

ドライフラワーブーケ

ドライフラワーブーケは雑貨店等でもよく見かけますよね。

手の込んだデザインが多いけれど、実は3000円以内で買えるものがほとんどです。

色褪せた感じのシックなデザインで、生花には無いドライフラワーならではの美しさがあります。

色味が抑えられているからこそ、どんなお部屋にも馴染んでくれるのが人気の理由です。

 

 

お花の香りの雑貨(日用品)

生花は無理でも、せめて生花を思わせるような素敵な香りだけでも…とお考えの方に、実用的な雑貨をご紹介します。

フラワーショップとして有名な日比谷花壇プロデュースとあって、素敵な香りなんですよ。

 

1.アロマスティック

消臭元のお買い得なイメージから「安そうな香りがするんじゃない?」と思って使ってみたら、お花が活けてあるかのような良い香りが…と大好評なアロマスティックです。

生花を贈るのが難しいけど、せめて香りだけは…という時に上記のプレゼントにプラスして贈ってもいいと思いませんか?

 

 

2.香り付きトイレットペーパー

何やら、日比谷花壇プロデュース香り付きトイレットペーパーというものがあるらしいじゃないですか⁈早速調べてみるとありました!花柄の綺麗で可愛いトイレットペーパー!

田舎の小さな村の小さなお花屋さんで日々働いている私にとってかなり衝撃的でした。

こちらのトイレットペーパーは触り心地抜群、そしてとても良い香りがするらしいです。

実用的で良いですね。消耗品は、プレゼントにすると喜ばれること間違いなし!

 

 

以上のように、生花にも負けないくらい綺麗で可愛い「お花」があるんです。

お花屋さんという立場上、生花をお勧めするべきなんだろうけど……(汗)生花をもらうのはもちろん嬉しいけど、上記のような「お花」をもらうのも嬉しいですよね!

ただし!退院祝いにお花を贈るに加工したお花は不向きです。

長持ちして良いのですが、「長持ちする=治りが長く掛かる」といったイメージに繋がるので退院祝いに贈る花としては適さないため、退院祝いには生花をお選び下さいね!

まとめ

では、最後に3000円分の花束について簡単にまとめてみます。

  • 3000円分の花束は約20センチのブーケが目安の大きさ
  • お好みに応じてスリムな花束などいろんな形に対応できる
  • 花の種類や時期によっては3000円分で作れる花束の大きさは変わる
  • 店員に花束のイメージを詳細に伝えるのがおすすめ
  • ネット通販でも花束を買えるがメリットとデメリットがある
  • 花束以外にも予算3000円で買えるお花のプレゼントがいろいろある

 

以上です。

せっかく注文して一から作るのだから、より相手の好みに合った素敵な花束を贈りたいものですよね。

「渡した時に相手に一番似合う色で作りたい」「おしゃれな相手のイメージにピッタリな花をメインにしたい」「気持ちを花言葉に託したい」など、色々な選び方があると思います。

あなたの思う理想の花束はどんなものなのか、店員さんとゆっくり話し合って、贈った自分も幸せな気分になれるような花束にしてくださいね。

そしてこの記事を最後まで読んでくれたあなたに、そしてあなたが花束をプレゼントしようと考えている相手の方に、笑顔がいっぱい溢れますように。

私達”お花屋さんの店員”は、日々、そんな気持ちを込めて花束を作らせて頂いております。

是非、幸せな時間を過ごすお手伝いをさせて下さい。お待ちしております。

最後になりましたが、この記事を読んだ上で「もしかしたら予算の金額が違うかも…?」と思われた方や「花束はもう少し小さ目がいいから、低予算の花束と他のプレゼントを用意しようかな」と思われた方もいるかもしれません。

そんな別予算の花束についてが気になりだした方は、こちらの記事も併せてご覧下さいね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました