スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

卵の賞味期限切れ2日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

卵 賞味期限切れ 2日

【執筆者:管理栄養士 宍戸恵】

賞味期限から2日切れた卵でも、保存状態が良ければまだ食べられる可能性が残っています。

ですが、安全性の面から生食は避けて加熱調理しましょう。

賞味期限切れの卵はいつまで大丈夫か、生食の危険性等を解説していきます。

この記事を読むとわかる!
のこと

 

  • 季節で異なる保存期間
  • 期限切れの生食に潜むリスク
  • 腐った卵の見分け方
  • 加熱後は冷凍保存できるか

冷蔵庫から期限切れの卵が出てきた人はぜひ参考にしてみてください。

後半では加熱調理後の冷凍保存のポイントも紹介していますよ。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


賞味期限切れの卵はいつまで大丈夫か|2日後ならしっかり加熱して

卵 賞味期限切れ 2日

卵に記載されている賞味期限は安全に生食できる期限を指し、期限切れでも加熱すれば問題なく食べられる可能性が残っています。

消費期限と賞味期限の違い(※1)

消費期限:安全に食べられる期限
賞味期限:品質が変わらず美味しく食べられる期限
※正しく保存されていることが条件
(10℃以下)

卵の賞味期限 2週間程度
※実際生食できる期間は季節によって差があり
年間を通して2週間程度と設定されているようです。
▼生食できる期間(採卵日起算)
夏(7~9月):16日以内
春(4~6月)秋(10~11月):25日以内
冬(12月~3月):57日以内

気温の低い冬場は細菌の増殖を抑制しやすく、理論上では2ヶ月近く持つことが推測できます。

とはいえ、メーカーの保証期間を過ぎていることや安全性の面から期限切れの卵は必ず加熱して調理してください。

期限切れの生卵には食中毒を引き起こす原因が潜んでいる可能性があるからです。

スポンサーリンク

期限切れ2日後なら食べられる可能性有り|要加熱

卵は食中毒を引き起こす原因になるサルモネラ菌に汚染されているものがあります。(※2)

10万個に3個と汚染率は低いものの、見た目や臭いだけでは判断できません。

万が一、サルモネラ菌に汚染されていた卵であっても賞味期限内であれば菌数は少なく生食も可能とされています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ヒビが入っている卵は安全性の面から加熱調理が望ましいです。また免疫力の低いお年寄りや子ども、妊娠中の女性は卵の生食を避けてくださいね。
サルモネラ菌による食中毒の特徴

汚染されたものを口にしてから12~48時間以内に、腹痛、下痢、発熱、嘔吐等が見られ、高熱になることもあります。
期限切れやヒビの入ったものを生で食べたり、割って放置したりするのは避けましょう。また調理器具や手指を介した二次汚染にも要注意です。

またサルモネラ菌をはじめとする多くの細菌類は十分に火を通す(75℃以上1分以上)と死滅します。(※3)

生食は賞味期限までとし、期限切れは必ず加熱してから食べてくださいね。

こちらの人も問題なく食べられたようです。

あくまでも1例であり期限切れを食べることは自己責任となりますが、殺菌目的も兼ねて加熱する場合は半熟状態は避けてください。

またサルモネラ菌や多くの細菌は、あたたかくジメジメとした環境になると爆発的に増殖します。

夏場の常温放置は腐ることもあるので、不安な人は中身を確認してください。

スポンサーリンク

腐るとどうなるか|夏は要注意

卵は10℃以下の冷蔵庫保存が基本です。

古い卵は殻付きで10%食塩水に入れると浮く・割るとの黄身が平べったい等の特徴が挙げられますが、腐ると臭いにも異変が現れます。

腐った卵の特徴
見た目
変色
・黄身が黒っぽい
・水分が蒸発している
臭い
匂い
におい
・腐敗臭
・硫黄臭い

2日~数日経って不安に感じる人は、ゆで卵にするのではなく中を割ってから判断してください。

前述の表から季節によっても保存性は異なる為、一概に「いつまでなら大丈夫」と判断することは難しいものですが、冬場ならかなり日持ちすることが期待できます。

1~2週間と期限切れの卵に悩む人や、腐った状態について詳しく知りたい人はこちらの記事が役に立ちます。

まだ使えそうな卵で、かつ大量に残っている人は加熱してから冷凍保存するのも1つの手段です。

   
スポンサーリンク
 

卵を加熱調理してから冷凍保存|何日もつか・注意点も

卵 賞味期限切れ 2日 加熱

加熱調理したからといって、何日も保存が効くわけではありません。

日持ちさせる場合は、加熱調理後の冷凍保存も検討してください。

加熱調理後の卵は冷凍できるか
おすすめ度 備考
炒り卵
錦糸卵
ラップで包み
冷凍用保存袋へ
ゆで卵 食感が変わりやすいので
一手間加えて
卵焼き

冷凍後は使い切りサイズで小分けにし、2週間を目安に消費してください。(※4)

また白身は冷凍すると水分が抜けてボソボソとした食感に変わりやすいので、ゆで卵や卵焼きは一手間加えてくださいね。

スポンサーリンク

白身を細かく・調味料でカバーする

ゆで卵にして冷凍する場合は、細かく白身をつぶしてマヨネーズで和え卵フィリングにして冷凍するのがおすすめです。

他の具材と合わせて、卵サラダやタルタルソースが手軽に作れますよ。

菌を死滅させる為にしっかり固ゆでしてくださいね。

電信レンジで火加減や水を気にせず簡単に作れるアイテムもありますよ。

また炒り卵と比べ形がしっかり残る卵焼きも、パサパサとした食感が残ります。

保水力のある砂糖を使い、甘めの卵焼きに仕上げましょう。

こちらのレシピも人気です。

冷凍できる卵焼き

Cpicon お弁当のおかずに冷凍自然解凍の玉子焼き by 簡単でおいしいが好き
作り置きして冷凍すれば時短でお弁当が完成します。

使えそうな卵であれば、加熱調理後の冷凍保存も候補に入れつつ、最後まで無駄なく安全に食べ切ってくださいね♪

   
スポンサーリンク
 

結論 | 賞味期限切れ2日の卵は十分に加熱して

のまとめ
  • 年間を通し賞味期限は2週間とされていることが多い
  • 賞味期限は生食できる期限を指す
  • 期限切れでも加熱すれば食べられる可能性有り
  • 臭いが異常で腐ったものは処分を
  • 加熱後の冷凍は白身の食感が変わりやすいので工夫を

期限切れでも食べられる可能性はありますが、中までしっかり火を通すことが重要です。

季節や保存環境によって傷む度合いも異なる為、どれくらい過ぎても大丈夫かは言い切ることは難しいものですが、2日程度であれば季節問わず加熱すれば食べられる可能性が高いです。

大量にある人は冷凍保存も候補に入れて食品ロス対策に繋げてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました