スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

黒ごま 食べ続けた結果

【執筆者:編集部 高田ゆみ】

毎日のように黒ごまを食べ続けた結果、健康や美容にメリットが期待できるのはアントシアニンやセサミンなどの栄養成分が含まれているからだと考えられます。

ただし、体質によってはアレルギー症状を引き起こすいことや、マグネシウムの過剰摂取による体調不良などに注意が必要です。

黒ごまを毎日食べてもデメリットを引き起こさないように知ってほしい、以下の項目を紹介します。

この記事を読むとわかる!
黒ごまのこと
  • 毎日食べたら期待できるメリット
  • 体に良いとされる理由
  • 注意したいデメリット
  • おすすめの食べ方

できるだけ栄養を効率良く補える食べ方や、意外と知られていない白ごまとの違いなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


毎日黒ごまを食べ続けた結果|栄養と健康のメリット

黒ごま 健康

毎日のように黒ごまを食べ続けた結果について口コミや体験談を調べてみると、健康や美容に関して何らかのメリットを実感する人がいました。

黒ごまを毎日食べ続けた人が実感したメリット例
  • 血圧が安定
  • 便秘の改善
  • 目の疲れに良かった
  • 白髪が少なくなった
  • 肌の調子が良くなった
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
黒ごまは、皮膚炎や湿疹などに効果・効能がある漢方薬「消風散」にも配合されているので、優れた栄養成分が含まれていると期待できますね。

黒ごまに含まれる栄養成分と血圧の関係については研究が進められ、商品化もされています。

スポンサーリンク

血圧の安定に関わるゴマペプチド

ごまに含まれる栄養成分のうち、血圧の安定に関わるのがゴマペプチドです。

サントリーの研究により、ゴマペプチドが血圧上昇の原因になる酵素のはたらきを阻害することがわかっています。(※1)

ほかにも多かったのが、便秘が改善したとの意見です。

スポンサーリンク

便秘の改善に役立つ不溶性食物繊維(リグニン)

黒ごまの皮には、リグニン(不溶性食物繊維の一種)が含まれているのが特徴で、便のカサ増しをして便通を改善するはたらきがあります。

口コミでも黒ごまを食べて便通改善に役立てている人がいました。

皮に含まれる黒い色素も、体に良いはたらきが期待できます。

スポンサーリンク

疲れ目の改善に役立つアントシアニン

黒ごまの皮には白ごまとは違い、ポリフェノール色素の一種・アントシアニンが含まれています。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
アントシアニンは目の網膜にあるタンパク質の再合成を促すため、疲れ目の改善に役立つそうですよ。(※3)

ほかにも紫外線の影響による「体の酸化」から守るはたらきが注目されていますが、もう一つ抗酸化力の高さで注目されるのがセサミンです。

コレステロール値や肝臓のはたらきにも役立つセサミン

ごまに含まれているセサミンも高い抗酸化力で注目されており、研究により肝機能やコレステロールに対する機能性も評価されています。

また、セサミン摂取により慢性的な肝炎によって生じる肝線維化を抑制する作用も示唆されたことから、慢性炎症やそれによって引き起こされる慢性的な疾患などの改善・予防につながる可能性も期待されます

出典:セサミンの抗炎症効果に関わる分子的作用機構を世界で初めて解明|国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

【主な結果】2報のRCT論文が抽出され、2報でセサミン、セサモリン摂取群が評価項目(「LDLコレステロール」)において、LDLコレステロールを低下する方向で有意な結果を示していることが確認された。

出典:販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠などに関する基本情報 日清ヘルシーごま香油セサミンプラス|消費者庁 機能性表示食品の届出情報検索

セサミンに着目して開発されたサプリメントも市販されています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
抗酸化力が高い成分を含む食材を食べることは動脈硬化やアルツハイマー型認知症などの予防でも注目されているので、黒ごまを上手に活かしたいですね!

アントシアニンやセサミンだけでなく、豊富なミネラルやビタミンが含まれているため、白髪の改善にも役立つメリットがあります。

白髪の改善にも役立つ豊富なビタミン・ミネラル

ごまには、髪の毛の成長に欠かせないビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

いりごま100g中の栄養成分(※4)
( )内は18歳以上男女1日の推奨量または目安量
ビタミンB1(mg) 0.49(1.1~1.4)
ビタミンB2(mg) 0.23(1.2~1.6)
ビタミンE(mg) 23.7(5.0~6.0)
カリウム(mg) 410(2000~2500)
カルシウム(mg) 1200(650~800)
マグネシウム(mg) 360(270~340)
銅(mg) 1.68(0.7~0.9)
鉄(mg) 9.9(6.5~7.5)
亜鉛(mg) 5.9(8~11)
マンガン(mg) 2.52(3.5~4.0)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
1日100gも黒ごまを食べるのは現実的ではないですが、ビタミンE・カルシウム・マグネシウム・銅に関しては1日に必要な量を補えるほど多く含まれていることがわかりますね!

黒ごまを食べ続けた結果、白髪が減ったと実感している人もいます。

これらの豊富な栄養成分のはたらきで、美容に役立てている人もいます。

豊富な栄養のおかげで肌質改善に役立つ

黒ごまを食べ続けた結果肌質が改善する人も多く、とくに注目されていたのが黒ごま・クルミ・松の実をペースト状にして食べる方法です。

ペースト状にする食べ方を実践した結果、肌の変化を実感した人もいます。

黒ごまを毎日食べたら健康や美容に役立つことが期待できる一方で、デメリットを実感することもあるので注意しましょう。

   
スポンサーリンク
 

黒ごまを食べ続けた結果のデメリット|体質の注意点

ごま デメリット

黒ごまを食べ続けた結果何らかのデメリットを感じることがあるのは、主に体質が原因になります。

黒ごまを食べ続けて起こり得るデメリット例
  • アレルギー
  • 下痢や吐き気など
  • ニキビが増える

体への影響で気をつけたいのは、アレルギー症状です。

黒ごまはアレルギー症状のリスクがある食品

黒ごまを食べると、アレルギー症状が現れる人もいます。

ごまは「特定原材料に準ずるもの」としてアレルギー表示を推奨されている食材です。(※5)

黒ごまを食べた後に皮膚のかゆみや腫れ、息苦しさ、重症化すると意識障害や血圧低下などのアナフィラキシーショックを引き起こすため、異変を感じた場合は医師に相談することを強くおすすめします。

アレルギー体質の人だけでなく、腎機能が低下している人も注意が必要な場合があります。

豊富なミネラルの過剰摂取で体調不良になることも

黒ごまには豊富なミネラルが含まれているため、マグネシウムのサプリや薬を摂取している人は過剰摂取による下痢に注意しましょう。

また、腎機能低下が低下している人はミネラルの過剰摂取により体調不良を引き起こしやすいため、ほかの食材を含めて食べ過ぎに気をつけてください。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
なお、カルシウムの過剰摂取で鉄や亜鉛の吸収が妨げられ、貧血・疲れ・めまいなどの原因になることもありますが、黒ごまには鉄や亜鉛も多く含まれているので過剰に心配しなくても良さそうですね。

もう一つ食べ過ぎで心配になるのが脂質の摂り過ぎで、ダイエット中の人は注意しましょう。

脂質が豊富なので太る・ニキビに注意

黒ごまを食べ過ぎ続けた結果、太る人や肌荒れを訴える人もいます。

肌質改善に役立つのと真逆になるのは、栄養成分の約半分を占める脂質が原因だと考えられます。

体に必要なリノール酸やオレイン酸を豊富に含んでいますが、体に良いのはあくまでも適量の場合です。

余った脂質は中性脂肪となって太る原因や、ニキビや吹き出物など肌荒れを引き起こす原因にもなります。

黒ごまを食べ過ぎるとデメリットを引き起こしやすいので、適量を含めた正しい食べ方を守りましょう。

   
スポンサーリンク
 

黒ごまでデメリットを引き起こさない食べ方のポイント

黒ごま 食べ方

黒ごまを毎日食べ続けたいけどデメリットが心配な人は、食べ方に気をつけてみてください。

黒ごまの食べ方
  • 適量は10~15g程度が目安
  • いりごまはすり潰してから食べる
  • すりごまは酸化しやすいのですぐ食べる
  • ペーストは添加物不使用を選ぶ

デメリットを引き起こさないようにするには、とにかく食べ過ぎないことが大切です。

適量としておすすめなのは、1日10~15g(大さじ1~1.5杯)を目安にしてみてください。

また、食物繊維が多く含まれる皮がついた「いりごま」の状態でそのまま食べると消化しにくいため、せっかくの栄養を補えません。

「すりごま」やペースト状にしてから食べることをおすすめしますが、空気に触れる面が多くて酸化しやすいため、できるだけ食べる直前にすり潰しましょう

ペースト状にして作り置きする場合も、酸化による劣化を防ぐためにも早めに食べきることをおすすめします。

市販品の黒ごまペーストも、できるだけ添加物が使われていないものを選ぶといいですね!

三育フーズ
¥664 (2023/02/03 21:17:24時点 Amazon調べ-詳細)

 
スポンサーリンク
 
 

結論|黒ごまを適量を食べ続けたらメリットがある可能性大

黒ごまのまとめ
  • 毎日食べ続けた結果メリットを感じる人が多い
  • 健康や美容に役立つ豊富な栄養成分が含まれている
  • デメリットを引き起こしやすい体質の人もいる
  • 食べ過ぎで太ることもあるのでダイエット中は注意
  • 適量は10~15g程度にしてすり潰してから食べよう

黒ごまを食べ続けた結果について口コミを調べたところ、健康や美容の面でメリットを実感している人がたくさんいました。

医薬品やサプリメントにも使われるほど豊富な栄養成分を含んでいるため、体に良いメリットが期待できると考えて良いでしょう。

ただし、食べ過ぎると逆にデメリットになる場合もあるため、毎日食べようと考えている人は十分注意しましょう。

適量を守って、すり潰してから食べるのがポイントなので、ぜひあなたも毎日の食卓に黒ごまを活用してみてください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました