スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

蒲焼さん太郎 体に悪い

【執筆者:栄養士 今冨るみ子】

蒲焼さん太郎は「致死量がある」「肌荒れする」など体に悪いと思う人もいますが、食べ過ぎなければその心配はないでしょう。

塩分やカロリー・食品添加物も、適量なら健康への影響はほとんどありません。

この記事では蒲焼さん太郎シリーズを安全に食べるために知っておきたいことを紹介します。

この記事を読むとわかる!
蒲焼さん太郎のこと

 

  • 体に悪いと言われる理由
  • 塩分やカロリー
  • 致死量や肌荒れの噂の真相
  • 食品添加物の安全性

ダイエット中のおやつを探している人にもぜひ参考にしてほしいです。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


蒲焼さん太郎は食べ過ぎなければ体に悪いわけではない

蒲焼さん太郎 食べ過ぎ

蒲焼さん太郎は食べ過ぎなければ、塩分や食品添加物などの体に悪い影響は心配ないでしょう。

蒲焼さん太郎が体に悪いと言われる原因
カロリー・塩分
太る
食べ過ぎなければ心配ない
肌荒れ
食品添加物 体に悪い影響
(基本は問題ない)

蒲焼さん太郎の1枚は小さいので、食べ過ぎることは少ないと思われます。

スポンサーリンク

気になる塩分やカロリー | 肌荒れする成分はとくにない

蒲焼さん太郎の健康への影響を心配する人もいますが、1枚当たりのカロリーや糖質・塩分相当量は高くなく、食べ過ぎなければ体に悪いとは言えないでしょう。

蒲焼さん太郎1枚当たりの栄養成分
カロリー 10kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 0.02g
炭水化物 1.9g
食塩相当量 0.1g

主な原材料は魚肉すり身、小麦粉、イカ粉などで、ほかの駄菓子と比べるとカロリーが低いことがわかります。

人気の駄菓子とのカロリーの比較(1袋当たり)
蒲焼さん太郎 10kcal
うまい棒サラダ味 43kcal
ポテトフライ
フライドチキン味
62kcal
BIGカツ 121kcal

また、間食の摂取量の目安は1日あたりおよそ200kcalなので、蒲焼さん太郎1、2枚くらいだと太る原因になるとは言えません。(※1)

塩分の1日当たりの目標量(塩分相当量)は、成人男性7.5g未満、女性6.5g未満なので、大量に食べないなら心配ないでしょう。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
だからといって10枚ほど食べてしまうと、カロリーは100kcal、塩分相当量は1gになり、おやつとしては摂り過ぎになりますね。

肌荒れするという噂もあるようですが、原因となる食材はないようです。

しかし、食べ過ぎることで肌に悪い影響を与えることがあるかもしれませんね。

食品添加物への健康への影響も心配されます。

スポンサーリンク

致死量の噂や添加物の危険性は誤解

蒲焼さん太郎の食品添加物が致死量を超えるのでは?と心配な人もいますが、大量に食べない限りその心配はありません。

蒲焼さん太郎の食品添加物と原料
調味料
(アミノ酸等)
旨味成分を化学的に合成、
抽出したもの
カラメル色素 砂糖・ぶどう糖
ソルビット でんぷんから作られたブドウ糖
甘味料
(ステビア・甘草)
天然の甘味料

食品添加物は、人の健康に悪い影響がない量が厳しく定められています。(※3)

普通の量を食べていれば体に悪いものではなく、致死量を超えることはないでしょう

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部

一部のカラメル色素に発がん性があるとされる物質が含まれていることが、誤解を生んだのかもしれませんね。

しかし、カラメル色素由来の摂取量では発がん性がないことがわかっているので、安心して食べられます。

駄菓子の体への影響についてはこちらの記事も参考になります。

蒲焼さん太郎は、適度に食べればカロリーが低く噛み応えのあるおやつです。

   
スポンサーリンク
 

豊富な蒲焼さん太郎のシリーズ | ダイエット中のおやつにも

蒲焼さん太郎 シリーズ

蒲焼さん太郎は、植物油脂不使用でカロリーが低く、魚のすり身やイカ粉を使用してあるからか、噛みごたえもあります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 よく噛むことで満腹のサインが脳に伝わりやすく食べ過ぎを防ぐので、ダイエット中のおやつにもぴったりですね。

蒲焼さん太郎と同じシリーズの商品もあり、どれもカロリーは低めです。

蒲焼さん太郎の類似品とのカロリー比較
とり焼きさん太郎 7kcal
蒲焼さん太郎 10kcal
焼肉さん太郎 10kcal
わさびのり太郎 11kcal
酢だこさん太郎 16kcal
のし梅さん太郎 17kcal

詰め合わせ商品もあるので、日替わりで食べるのも楽しいですね♪

スポンサーリンク

好みが分かれる「パリパリ」と「しなしな」 | 小さくなったの声

蒲焼さん太郎は、歯ごたえが「パリパリ」と「しなしな」のときがあり、好みが分かれるようです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
販売会社やおきんどっとコムのHPには「絶妙なパリパリ感」と書いてあるので、本来はパリパリなのかもしれませんね。

気温が低い日や冷蔵庫で冷やすと、硬いパリパリした蒲焼さん太郎になるようです。


また、蒲焼さん太郎が「最近小さくなった」「おならの臭いに似ている」という噂がありますが、真相ははっきりわかりません。

メーカーの(株)菓道のHPはなく、販売サイトのやおきんドットコムにも大きさについての言及がないためわかりませんが、実感している人は多いようです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
現在、15円(税抜き)になっていますが、大きさを調整することでこれ以上価格を上げないように工夫されているのかもしれませんね。

子どもから大人まで人気の蒲焼さん太郎シリーズは、いつまでも販売してほしいですね。

   
スポンサーリンク
 

結論 | 蒲焼さん太郎は体に悪いわけではない | よく噛んで適量を

蒲焼さん太郎のまとめ
  • 塩分やカロリーは低め
  • 致死量や肌荒れの噂は誤解
  • 食品添加物は危険ではない
  • ダイエット中のおやつにおすすめ
  • 気温が低いとパリパリになる

蒲焼さん太郎の「致死量がある」「肌荒れする」の噂は、食品添加物への間違った認識からくる誤解かもしれません。

塩分やカロリーが低く噛みごたえがあるので、ダイエット中のおやつとしても重宝します。

子どもにも大人にも人気の蒲焼さん太郎シリーズは、ずっと食べ続けたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました