PR

帽子の上にヘルメットは違反?バイクのハーフヘルメットの注意点も

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

帽子の上にヘルメット バイク

【執筆者:編集部 山上由利子】

バイクを運転する際、帽子の上にヘルメットをかぶることは法律上は違反ではありませんが、危険を伴う場合があるので注意が必要です。

ハーフヘルメットなら帽子の上にもかぶれますが、ほかのヘルメットと比べて安全性が低いからです。

そこでこの記事では、帽子の上にヘルメットというスタイルでも安全に快適に運転するために認識しておくべき事柄をご紹介します。

この記事を読むとわかる!
ヘルメットの下に帽子の是非
  • 違反かどうかの根拠
  • ヘルメットの特徴と安全性
  • 帽子とヘルメット併用時の注意点
  • 快適・便利なグッズの紹介

バイク乗りにとってヘルメットを脱いだあとの髪型の崩れは悩みの種ですね。

後半では髪型の崩れを軽減する便利な商品も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでください ♪

   

こんな記事もおすすめ!
戸隠神社 行ってはいけない

【戸隠神社に行ってはいけない?】呼ばれると人生が変わる理由

0800 出てしまった

【0800からの着信に出てしまったら料金発生する?】対処方法も解説

中国からの電話に出てしまった 料金

【海外詐欺】中国からの電話に出てしまったけど料金はかかる?

ニゲラ 植えてはいけない

【ニゲラを植えてはいけない理由】庭で増えすぎて毒性もある!?

Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

蚕 成虫にしてはいけない理由

【蚕を成虫にしてはいけない理由】かつては飼育が禁止だった!?

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

スポンサーリンク

帽子の上にヘルメットは違反ではないが安全性に問題あり

ヘルメットの下に帽子 違反

帽子の上にヘルメットをかぶってもそのこと自体は違反にはなりません

バイクのヘルメットに関するルールは法令で定められています。

道路交通法
ヘルメット着用義務 第七十一条の四
乗車用ヘルメットの基準7項目 道路交通法を受けた施行規則九条の五

バイクのヘルメット着用について、ルールを見てみましょう。

ヘルメット着用に関する法令と安全規格

道路交通法には、大型自動二輪車・普通自動二輪車・原動機付自転車の運転者は乗車用ヘルメットをかぶらないで運転してはいけないとあります。

また、乗車用ヘルメットの基準は内閣府令で定めるとしてあり、道路交通法施行規則にその基準が記載されています。

(乗車用ヘルメット)

第九条の五 法第七十一条の四第一項及び第二項の乗車用ヘルメットの基準は、次の各号に定めるとおりとする。

一 左右、上下の視野が十分とれること。
二 風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
三 著しく聴力を損ねない構造であること。
四 衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
五 衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
六 重量が二キログラム以下であること。
七 人体を傷つけるおそれがある構造でないこと。

引用元:道路交通法施行規則|e-GOV 法令検索

この7項目を満たす乗用車ヘルメットを適正に着用しないと違反です。

たとえば工事用安全帽をかぶった場合は、乗車用ヘルメットの基準を満たしていないので違反にあたります。

また、基準を満たす乗車用ヘルメットでも、あごひもをかけてうしろにずり落とした状態は適正に着用していないのでこれも違反です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
帽子の上にヘルメットをかぶること自体は乗車用ヘルメットの基準に反しているわけではないので、違反ではありませんよ。

そのほか法令ではありませんが、国家公安委員会がまとめた「交通の方法に関する教則」第8章第1節にヘルメット着用について記載されています。

2 乗車用ヘルメットの着用

乗車用ヘルメットをかぶらないで大型自動二輪車や普通自動二輪車や原動機付自転車を運転してはいけません。また、乗車用ヘルメットをかぶらない者を乗せて大型自動二輪車や普通自動二輪車を運転してはいけません。乗車用ヘルメットは、PS(C)マークJISマークの付いたものを使い、あごひもを確実に締めるなど正しく着用しましよう。工事用安全帽は乗車用ヘルメットではありません。

引用元:交通の方法に関する教則|警察庁

バイクの乗車用ヘルメットの安全規格としては、主なものにPSCマーク・SGマーク・JIS規格があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
SG基準はPSC基準とほぼ同等かそれ以上なので、この2つのマークは一枚のラベルに表示されている場合がほとんどです。

PSCマークとは、消費者に危害を及ぼす可能性の高い製品について国の定めた基準に適合していることを証明するマークで、消費生活用製品安全法に基づき、国内で販売する製品については取得が義務付けられています。(※1)

SGマークは製品安全協会が定めた基準に適合していることを認証するマークで、商品の欠陥が原因で事故が発生した場合は、人的損害に対して賠償措置が実施されます。

ヘルメットのSGマークの注意点
  • 125cc以下用と排気量無制限用の2種類の規格がある
    ハーフヘルメットは125cc以下の規格のみ
  • 有効期限が購入後3年間
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ハーフヘルメットで250ccや400ccの大型バイクに乗っている人もいますが、違反でなくともとても危ないですね。

PSCマークやSGマークで安全性が証明されたヘルメットでも、種類によって頭部を保護する範囲が異なるため、事故時の損傷の程度も違ってきます。

帽子の上にかぶれるヘルメットとなるとほとんどがハーフヘルメットと思われますが、安全性を考えるとリスクが高いことを認識しておきましょう。

ハーフヘルメットは着脱が楽で便利だが危険性が高い

ハーフヘルメットは構造上、他のヘルメットに比べると安全性が劣ると言われています。

ヘルメットの種類は形状の違いから主に3つに分けられます。

主なバイク用ヘルメットの種類と特徴
フルフェイスヘルメット 顔・顎・頭部全体を保護
圧迫感があり通気性が悪い
ジェットヘルメット 顔の前面・顎が保護されない
開放感がある
ハーフヘルメット 保護する面積が最も小さい
着脱が楽、開放感は一番

ヘルメットの違いによる興味深いデータがあります。

警視庁のデータ(2022年7、8月調査)(※2)
フルフェイス ジェット ハーフヘルメット
着用者の割合 32.8% 40.7% 25.5%
不適切な着用割合 15.6% 23.5% 36.4%
過去3年死亡事故時
ヘルメット脱落状況
31% 35.7% 40%

2022年のデータでは過去5年間のバイク事故の致命傷部位は頭部48.7%胸部28%腹部9.8%となっており、頭部を保護することがいかに重要かわかりますね。(※3)

表をみるとハーフヘルメットの場合、死亡事故の40%でヘルメットが脱げています。

形状として脱げやすいこともありますが、ハーフヘルメットの場合は不適切な着用率が高いことにも問題がありそうですね。

不適切な着用とは具体的にはあごひもをしない、またはきっちり締めない状態のことです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ハーフヘルメットは手軽にかぶれファッション性も重視される分、頭部をしっかり保護するという意識に欠ける場合があるのかもしれませんね。

安全性を考えるなら、フルフェイスやジェットヘルメットとなりますが、街乗りなど近場の移動にはハーフヘルメットは着脱が楽で便利です。

とくにハーフヘルメットと帽子を併用するスタイルは、バイクを降りてヘルメットを脱げば髪の毛の乱れを気にすることもなくすぐ行動に移れるので、楽なうえにスピーディーというメリットがあります。

併用スタイルを安全にかっこよくこなすための注意点を確認してみましょう。

帽子の上にヘルメットでもリスクを最小限に|便利グッズの紹介も

ヘルメットの下に帽子 違反
帽子とヘルメットの併用は便利なだけでなく、さまざまな理由があるようです。

帽子の上にヘルメットをかぶる理由
手軽さ 着脱の手間が省ける
髪型の乱れ予防 ヘルメットによる髪型の崩れをごまかす
ファッション性 かっこよく感じる
快適性 ヘルメットの内側の汚れ・臭い防止
サイズ合わせ ヘルメットが大きい場合すき間がうまる

併用スタイルは半ヘル(ハーフヘルメット)にキャップが多いです。

髪型の崩れを気にしなくていいのも助かりますよね。

かっこいいと 感じている人もいるようです。

さまざまな理由で帽子とヘルメットを併用している人がいますが、安全性を最優先に考えましょう

ヘルメットの下に帽子のスタイル|併用するときの注意点

ハーフヘルメットは脱げやすい危険性があるため、どうしても帽子の上に着用したい場合は細心の注意を払わなければいけません。

帽子の上にヘルメット着用時のリスクを抑えるポイント
  • 速度を出し過ぎない
  • ヘルメットのあごひもをしっかりしめる
  • 帽子着用後のサイズに合ったヘルメットを選ぶ
サイズが合っていないと安定性が悪く衝撃時に脱げやすくなるので注意しましょう。
帽子をかぶって窮屈だからとヘルメット内側の発砲スチロール(衝撃緩衝ライナ)を削ったり、スポンジを取ると衝撃吸収性が低下します。
ネットで購入したヘルメットがきつい場合考えそうなことですね。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
発泡スチロールは熱により膨れ等の変形により衝撃吸収性が低下するので、ヘルメットは定期的に買い替えましょうね。メーカーは3年を推奨しています。

帽子とヘルメットの併用はお気に入りのスタイルかもしれませんが、想定外のことが起きることもあります。

長時間運転の場合はうるさくて不向きですね。

近場の場合は良いとして、遠乗りの場合はヘルメットを替えることも必要かもしれません。

走る距離・場所によってはヘルメットを替えることも考えよう

遠乗りの場合は安全性を重視して、フルフェイスやジェットヘルメットに替えるなど柔軟に対応したほうがよさそうです。

ハーフヘルメットで高速道路を走行するのはうるさいだけでなく、風圧でヘルメットが持ち上がることもあり危険です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
近場・遠乗り・一般道・高速道路など、条件によってヘルメットも使い分けるようにすれば安心ですね ♪

髪型の乱れが気になってフルフェイスやジェットヘルメットを敬遠していた人にとってはこんな便利なグッズがあるそうです ♪

フルフェイスやジェットヘルメットを愛用している人で、ヘルメットリムーバーやヘルメットインナーを使っている人も多いと思います。

ヘルメットリムーバーは事故時にライダーのヘルメットを脱がしやすくするために開発されました。

水球競技の選手がかぶっている帽子に似た形で、耳を覆いあごでとめるタイプのインナーです。

メリットとしてヘルメットの着脱が容易になるほかに、汗でヘルメットがべたつかない、ヘルメットの内装に汚れが直接付かないなど快適性が向上します。

ヘルメットリムーバーも工夫によっては髪型を崩れにくくすることも可能としてYouTubeにも紹介されています。

ヘルメットインナーは水泳キャップのような形のもので、夏用・冬用など素材や種類も豊富で、メリットとして吸汗性や速乾性、消臭効果があるなどヘルメットを快適にかぶるためのインナーです。

リムーバーと同じく使用後の洗濯が容易なのがいいですね。

ヘルメットインナーキャップでおすすめのかっこいいものもありますよ。

帽子の上からヘルメットをかぶっても違反にはなりませんが、そもそもなぜヘルメットをかぶる必要があるのかを思い起こしTPOに合わせて、安全で快適なライディングを楽しんでくださいね ♪

 

結論|帽子の上にヘルメットは違反ではないが安全上注意点あり

ヘルメットの下に帽子の是非のまとめ
  • 帽子の上にヘルメットをかぶるのは違反ではない
  • 違反ではないが危険な場合もある
  • ハーフヘルメットはほかのヘルメットに比べ安全性が劣る
  • 事故の致命傷は頭部が多くヘルメットで保護することは重要
  • ヘルメットが脱げないようあごひもはしっかり締める

バイクのヘルメットの下に帽子をかぶっても違反ではありませんが、衝撃時にヘルメットが脱げないようサイズを合わせ、あごひもはきちんと締めましょう。

この記事を読んで、ハーフヘルメットはほかのヘルメットに比べ安全性が劣ることを理解し、スピードの出し過ぎ・不適正なヘルメットの着用はしないように十分注意して、バイクライフを安全に楽しんでくださいね ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました