スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

デーツ 食べ続けた結果

【執筆者:管理栄養士 市沢淳美】

デーツを食べ続けた結果、ダイエット効果や便通が良くなったと感じる人がいる一方で、便秘や下痢になる人もいます。

栄養豊富なデーツは食べ過ぎると体に悪い影響が出る場合もあるため、1日の適量を知っておきましょう。

この記事では、デーツを毎日食べるとどうなるのか知りたい人のために、以下の項目について紹介します。

この記事を読むとわかる!
デーツ のこと
  • 主な栄養と期待できる効能
  • 実際に食べ続けた人の口コミ
  • 食べ過ぎると起こりうる副作用
  • ダイエットや健康維持に効果的な適量や食べ方

濃厚な甘さが特徴のデーツを食べると太るのではないか、糖尿病の人が食べても大丈夫なのか心配な人もぜひ参考にしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!

フルーツ缶詰 体に悪い

フルーツ缶詰は体に悪い説|シロップの危険性や栄養価を徹底検証


デーツを食べ続けた結果|豊富な栄養が美容と健康維持に役立つ

デーツ 効果

デーツはビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養が豊富であるため、適量を食べ続けるとダイエットや便秘改善をはじめとしたさまざまな効果が期待できます。

デーツの特徴と種類

デーツはナツメヤシの実のことで、干し柿や黒糖に似た濃厚な甘さが特徴。ドライフルーツとして手軽に食べられる粒タイプの他に、ペーストやシロップタイプの商品もある。

デーツに期待できる効果と含まれる栄養素(※1)
ダイエット・美肌 ビタミンB1・ビタミンB2・
ビタミンB6・葉酸
便秘改善 食物繊維・マグネシウム
貧血予防
むくみ・高血圧予防 カリウム
白髪・癌(ガン)予防 β‐カロテン・ビタミンE

濃厚な甘さやねっとりとした食感から、食べると太るのではないかと心配する人もいますが、デーツはダイエット中の人にもおすすめしたい食品です。

スポンサーリンク

毎日食べると太るどころかダイエットの味方に|ビタミンB群

デーツは甘くておいしいだけでなく、食べ物の栄養をエネルギーに変えるために必要なビタミンB群が含まれているため、ダイエット中のおやつにぴったりです。

毎日食べていたお菓子の代わりにデーツを食べて、コツコツとダイエットを進めている人もいます。

甘くて噛み応えもあるデーツは、少量でも満足感があります。

頻繁にお菓子を食べている人は、デーツを代用することで無理なく摂取カロリーを抑えられる可能性も大きいです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ビタミンB群が不足すると、肌のターンオーバーや皮脂分泌が乱れやすくなります。お菓子の代わりにデーツを食べることで、ニキビをはじめとした肌荒れの予防も期待できますね。

ダイエットの大敵である、便秘への効果を実感した人もいます。

スポンサーリンク

便秘が改善した口コミあり|食物繊維・マグネシウム

デーツには整腸作用のある食物繊維や、便秘薬に配合されることもあるマグネシウムが含まれているため便秘改善が期待できます。(※2)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
薬に頼らず便秘が改善できたら嬉しいですね!一度にたくさん食べるのではなく、適量を継続して食べましょう。

便秘だけでなく、貧血やむくみが気になる人にもおすすめです。

スポンサーリンク

貧血やむくみ対策に食べている人も|鉄分・カリウム

デーツには、血液にとって大切な鉄分や、むくみ・高血圧の要因となる塩分を排出させるカリウムも含まれています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
鉄はビタミンCや動物性たんぱく質と一緒に摂取すると、体に吸収されやすくなります。貧血対策におやつとして食べる場合は、みかんやいちごなどの果物、チーズやヨーグルトなどの乳製品と一緒に食べるといいですよ。

デーツを継続して食べることで、若々しい髪の毛や大きな病気の予防も期待できます。

白髪や癌予防にも期待|β‐カロテン・ビタミンE

デーツには、白髪や癌の原因の一つである活性酸素を作りにくくしたり、働きを抑えたりするβ‐カロテンやビタミンEも含まれています。(※3)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
デーツの摂取だけでなく、睡眠不足の解消・適度な運動・こまめなストレス発散も意識してみてくださいね。

嬉しい効果効能がたくさんあるデーツですが、食べ過ぎると体に悪い影響をおよぼす場合があります。

   
スポンサーリンク
 

デーツを食べ続けた結果|食べ過ぎると便秘や下痢の副作用も

デーツ 副作用

デーツを食べ過ぎると食物繊維やマグネシウムの過剰摂取となり、便秘や下痢を起こす場合があります。

デーツの食べ過ぎによる体への影響
便秘 不溶性食物繊維の摂り過ぎ
下痢 ・マグネシウムの摂り過ぎ
・水溶性食物繊維の摂り過ぎ
高カリウム血症 カリウムの摂り過ぎ
(腎疾患のある人は注意)
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 通常の食事で食物繊維やマグネシウムを摂り過ぎることは考えにくいですが、お腹が弱い人やサプリメントを飲んでいる人は気を付けましょう。

腎疾患のある人は危険な状態になるおそれもあるので、特に注意が必要です。

腎疾患のある人はカリウムの摂り過ぎに注意

デーツにはカリウムが豊富に含まれるため、腎疾患のある人が食べ過ぎると高カリウム血症になるおそれがあります。(※4)

慢性腎臓病患者の制限と
デーツに含まれるカリウムの量
慢性腎臓病のカリウム制限 1日1500㎎以下
デーツ100g当たりの含有量 550㎎
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
高カリウム血症になると不整脈や呼吸困難になる危険性があるため、普段の食事から気を付けなければいけません。デーツを食事や間食に取り入れる場合は、担当医や栄養士に相談しましょう。

デーツは濃厚な甘さがあるので、糖尿病の人は食べない方がいいと思われがちですが、デーツとGI値の関係や血糖値を上げにくい食べ方を知ることで心配なく食べられますよ。

デーツは糖尿病の人でも取り入れやすい食品

デーツは濃厚な甘さがあるにも関わらず血糖値を上げにくい低GI食品なので、糖尿病の人でも取り入れやすい食品です。

GI値の目安

GI値とは食品を食べた後の血糖値の上がりやすさを表した値で、数値が高いほど血糖値が上がりやすく、低いほど上がりにくい。数値の目安は、70以上が高GI(ドーナツ・せんべいなど)、56~69が中GI(パンケーキ・クッキーなど)、55以下が低GI(ヨーグルト・さつまいも・デーツなど)となる。

デーツが甘いのに低GI食品である理由は、食物繊維を豊富に含んでいるからです。

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、血糖値の上昇を緩やかにしたり、余分なコレステロールを排出したりする働きもあります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
摂取カロリーに気を配る必要はありますが、ヨーグルトやナッツなどと一緒に食べると血糖値の上昇をさらに抑えられ、不足しがちな栄養も補うことができますよ。

デーツを食べ続けても体に悪い影響が出ない適量や、飽きずに続けられる食べ方を知って、ぜひ美容や健康に役立ててください。

   
スポンサーリンク
 

デーツを食べ続けた結果体に悪い影響が出にくい適量|目安は70g

デーツ 1日 何個

デーツを間食として毎日の食生活に取り入れる場合は、おやつの適量200kcal以内になる1日約70gまでにしましょう。

1日70gを上限とすることで、エネルギーだけでなく食物繊維やマグネシウムの摂り過ぎも予防できます。(※5)

過剰摂取が心配なデーツの栄養素
(デーツ70g当たり)
デーツ70g 30代女性における
1日の適量
エネルギー 197kcal おやつは200kcal以内
食物繊維 4.9g 18g以上
マグネシウム 42mg 290㎎
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
適量のデーツを毎日続けることで、デメリットを防ぎながら美容や健康維持に活かせますね!

デーツの大きさはさまざまなので、一概に1日何個とは言えません。

食べる前に重さをはかり何粒が適量か把握しておくと良いでしょう。

重さをはかるのが面倒な人は小袋タイプを選ぶと、内容量を目安に食べる量を把握しやすいです。

例えば、1袋150gの商品なら半分までが適量となります。

ノーブランド品
¥1,148 (2023/02/03 18:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

そのまま食べるだけだと飽きてしまう人は、簡単アレンジを試してみてください。

ナッツ・チーズ・ヨーグルトで簡単アレンジ

デーツはナッツ・チーズ・ヨーグルトと相性が良く、一緒に食べることで栄養価もアップします。

デーツと相性の良い食材と栄養
  • ナッツ:ビタミンEが豊富
  • チーズ:不足しがちなカルシウムを補える
  • ヨーグルト:カルシウムだけでなく乳酸菌も摂れる

簡単アレンジをすると飽きずに続けられるだけでなく、おつまみやおもてなし料理にも使えます。

クリームチーズを挟んで、ナッツを載せるだけで見た目も華やかになりますね。

大きい粒のデーツを使うと作りやすいです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 種が入ったままの商品もあるため、取り除いてからアレンジをしてくださいね!

デーツにはシロップタイプもあり、砂糖の代用として使えます。

デーツシロップは砂糖の代用として料理にも

デーツシロップは黒蜜のような甘みと低めのGI値が特徴であるため、血糖値を気にする人も使いやすい甘味料です。

パンケーキのシロップやお菓子作りに使用したり、砂糖の代用として料理にも使ったりできるので、ドライフルーツは苦手だけどデーツの栄養は摂りたい人というにもおすすめです。

デーツシロップ活用レシピ

Cpicon むっちむちお豆腐ココアケーキ by kimamaCLUB

ダイエット中でも罪悪感なく食べられるヘルシーケーキです。

 

Cpicon 【副菜レシピ】舞茸と厚揚げの塩昆布炒め by こどものヒトサラ

あと1品欲しい!そんな時にサッと作れる時短おかずです。

   
 

結論|デーツを毎日食べ続けた結果美容や健康維持に期待できる

デーツ のまとめ
  • ビタミンB群が豊富でダイエット中の間食に適している
  • 食物繊維やマグネシウムによって便秘改善に期待できる
  • 腎疾患のある人はカリウムの摂り過ぎに注意する
  • 濃厚な甘さはあるが糖尿病の人でも取り入れやすい低GI食品
  • 間食なら1日70gまでが適量

デーツは栄養豊富で、ダイエットや便秘改善などさまざまな効果が期待できる食品です。

疾患のない人でも、お腹の弱い人・サプリメントを飲んでいる人は食べ過ぎると便秘や下痢を引き起こす可能性があるため、気を付けましょう。

そのままだと食べにくい人や飽きてしまう人は、アレンジ料理やデーツシロップを活用して、日々の美容や健康維持にデーツを取り入れてみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました