PR

溜まった小銭はどうする?知恵袋回答より小銭の両替裏ワザ5選!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

溜まった小銭 どうする

【執筆者:編集部 鳥越菜生】

溜まった小銭をどうするかで困ったときは、Yahoo!知恵袋の回答に寄せられた裏ワザが参考になります。

小銭をお札に両替したいと思ったら銀行の手数料が高額になる場合もあるため、特に大量の1円玉を入金したいときは頭を悩ませることも多いです。

そこでこの記事では溜まった小銭の処理で悩んだときに役立つ、以下の項目について解説します。

この記事を読むとわかる!
溜まった小銭の対処法のこと
  • 知恵袋回答に寄せられたおすすめの両替裏ワザ
  • ゆうちょや銀行の硬貨入金にかかる手数料比較
  • 大量の1円玉でも気兼ねなく入金・使用する方法
  • 裏ワザや硬貨入金時の注意点

カードにチャージする裏ワザや巷で評判でも注意が必要な方法もあるので、せっかく溜めた小銭を大切に活用するため、ぜひ参考にしてくださいね。

   

こんな記事もおすすめ!
戸隠神社 行ってはいけない

【戸隠神社に行ってはいけない?】呼ばれると人生が変わる理由

0800 出てしまった

【0800からの着信に出てしまったら料金発生する?】対処方法も解説

中国からの電話に出てしまった 料金

【海外詐欺】中国からの電話に出てしまったけど料金はかかる?

ニゲラ 植えてはいけない

【ニゲラを植えてはいけない理由】庭で増えすぎて毒性もある!?

Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

蚕 成虫にしてはいけない理由

【蚕を成虫にしてはいけない理由】かつては飼育が禁止だった!?

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

スポンサーリンク

溜まった小銭をどうするかの両替術 | 知恵袋回答の裏ワザ5選

大量の1円玉 入金

溜まった小銭の処理をどうするべきか悩んだときは、知恵袋回答に寄せられた、商品・サービスや預金などに両替できる裏ワザが参考になります。

知恵袋回答からおすすめの小銭両替裏ワザ
  • 自動販売機やコインパーキングの支払いに10円玉を使う
  • コンビニのセルフレジでの支払いに小額の硬貨を使う
    (20枚を過ぎるとNG)
  • 交通系ICカードに小銭でチャージする
  • お賽銭や募金に使う(賽銭箱に投入)
  • ゆうちょや銀行の無料で取扱いできる限界枚数まで入金を繰り返す

裏ワザと言っても、まずは地道に支払いに使って減らしていく方法が確実だ、という口コミが多くありました。

販売機やセルフレジなどでの支払いは小銭を使うチャンス

自動販売機で飲み物を買う機会が多い人は、溜まった小銭からできるだけ10円玉を使って払うようにすると、結構な勢いで減らしていけます。

コインパーキングの精算機も10円玉から使える場合が多いので、100円分なら10枚消費できますよね。

コンビニでもこの頃はセルフレジが導入されていて対人より気楽なこともあり、支払いの際にはなるべく小銭を使うという人も多いようです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
1桁目の端数に1円玉を使う、2桁目はおつりが出ないように10円玉を使って払うなどはできそうですね。

しかし硬貨を使う際は、1種類につき20枚が限度と法律で決められていることを知っておく必要があります。

(法貨としての通用限度)
第七条 貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。

引用元:通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律

硬貨は一度に何十枚も使われると店側が困るのが実情で、レジの故障原因にもなりやすいようです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
店舗によって制限があったり、「何枚までにしてください」と言われる場合もあるようですよ。

買い物の支払いができるだけ時短になるように、小銭が取り出しやすい財布にしたり、小銭入れを分けて持つようにしたりするとストレスを減らせます。

スーパーもセルフレジを置く店舗が増えていますが、ほぼ無人なこともあり溜まった小銭の処理に利用しようと、支払い時に硬貨を大量投入するもいます。

しかし硬貨の枚数を制限する設定になっている場合もあるうえ、機械が詰まって停止することも多く、店側にとっては迷惑行為のようです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
知恵袋の口コミにも、「スーパーのセルフレジを故障させて店の人に怒られたり喧嘩になったりしていた」という目撃談がありました。
「コインスター」の両替機は今?

2022年ごろアメリカ生まれの「コインスター」という、大量の小銭をお札に替えられる両替機が登場し、スーパーに設置されて注目を集めました。しかし残念ながら日本では2022年12月末でサービスを終了し一旦撤退することが発表され、2023年末現在では姿を消しているようです。

そのほか「馴染みの商店に頼んでみると良い」という口コミもありました。

両替の小銭用に喜んでもらえる場合もあるようなので、知り合いの人がいれば尋ねてみても良いかもしれませんね。

枚数で苦情を言われたりレジを詰まらせて怒られたりと嫌な気持ちにならず、堂々と小銭を使える裏ワザがありますよ。

交通ICカードを小銭でチャージして使う | 10円玉もOK

溜まった小銭を気兼ねなく両替するには、SUICA・PASMO・ICOCAなどの交通ICカードにチャージして使う方法がおすすめです。

交通カードといっても買い物の支払いにも使える場合が多いので、チャージしておくと便利ですよね。

ただしチャージに使える硬貨の種類や最低額は、会社や機種のほか地域や時間帯によっても違うので確認してみてください。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
例えばJR西日本ではICOCAのチャージ専用入金機には硬貨を使えませんが、自動券売機でなら10円以上の額面の硬貨を使って500円分からチャージできます。また東京メトロは10円からチャージ金額を指定でき、SUICAにもPASMOにも入金できますよ。

交通ICカードには失くしてもすぐ使用停止にできたり、再発行して残高を移行できたりする種類もあるので、紛失が心配な人はぜひこちらも参考にしてください。

両替とは言えないかもしれませんが、溜まった小銭を減らせてさらに喜ばれる可能性が高い方法もあります。

お賽銭や募金にすれば大量の1円玉も喜んでもらえる

大量の1円玉や5円玉を減らしたいなら、お賽銭や募金にする方法がおすすめです。

お賽銭箱や募金箱には硬貨を大量に投入しても、喜ばれることはあっても怒られることはありません。

神社にお参りするときには、溜まった小銭を袋に入れて持っていくと良いですね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
初詣に1年で溜まった小銭をごっそりお賽銭にしても良いかもしれませんね。新年の景気が良くなりそうな気がします♪

スーパーやコンビニのレジや病院の窓口などに置いてある募金箱に、支払いの度に小銭を募金していくという方法も良いですね。

以上の裏ワザでも追いつかないほど大量に1円玉が溜まっていたり、小銭をお札に両替したかったりする場合は、やはり銀行の出番です。

しかしゆうちょや銀行で硬貨を両替するには手数料がかかるようになってきているので、入金するならどこがいいかやお得な方法を確認しましょう。

 

溜まった小銭をお札に両替するのに手数料をかけないコツと注意点

小銭 入金 ATM

溜まった小銭をお札に両替したいなら、各銀行の大量硬貨取扱手数料が無料で済む枚数を超えないように、手持ち口座に入金していく方法がおすすめです。

残高に応じて、必要なときにATMからお札で出金すると良いですね。

窓口での小銭入金にかかる手数料(例)
枚数 ゆうちょ 銀行A 銀行B
1~50 0円 0円 0円
100 550円 0円 0円
300 825円 550円 0円
500 825円 550円 550円
1000 1100円 1100円 1100円

ゆうちょ銀行では、2022年1月17日に新たな硬貨取扱手数料が設定されました。(※1)

ゆうちょの窓口での入金は51枚以上で550円から段階的に取扱手数料が高くなるので、1円玉や5円玉の入金だと少量でもすぐマイナスになってしまいます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
例えば5円玉100枚を窓口でゆうちょ口座に入金しようとすると、手数料が現金で550円必要なので50円マイナスになりますよね。1円玉100枚の場合は450円のマイナスです。
またゆうちょ銀行は両替商ではないためもともと両替サービスがなく、繁忙期には大量の小銭の持ち込み自体が断られる場合もあります。

とはいえゆうちょ銀行には小規模の店舗や商業施設内のテナントタイプもあって、立地が便利で通いやすいのも魅力ですよね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ゆうちょを活用して小銭の処理をする場合は枚数をよく確認してから持参し、込み具合を見計らって依頼しましょう。

ほかの金融機関でも無料での取扱い枚数は制限されてきているため、窓口での大量な小銭の両替には、できるだけ手数料がかからない銀行を選ぶことも大切です。

ゆうちょ・銀行の硬貨入金にかかる手数料を比較

大量の硬貨を入金する場合は枚数を概算し、開設口座のある銀行の手数料を比較して、無料で回数も少なく済むよう分けておくことをおすすめします。

ゆうちょ以外の銀行では、窓口での入金にかかる硬貨取扱手数料が無料で済むのは100枚までの場合が多いです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
都市銀行の大手・三井住友銀行なら、2023年12月現在で、300枚まで手数料がかかりませんよ。

ただし銀行によって枚数の数え方が1回ごとの場合と、1日の合算でとしている場合があります。

支店ごとに分けて計算する銀行の場合は、1日のうちに複数の支店を回って入金していく方法もありますね。

ただしいったん窓口で硬貨数を計算してもらったら、入金を取りやめても手数料が発生するので、あらかじめ自分で数えて損にならないようにしておきましょう。

窓口での入金は失敗したら大変だなと嫌気がさしている人は、ATMの利用がおすすめです。

銀行のATMで100枚ずつ入金する方法もおすすめ

ゆうちょ以外の銀行では、ATMでの硬貨入金は1度に100枚まで投入できて何度でも無料な場合が多いので、大量の小銭処理にもおすすめです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
小銭を100枚ずつのまとまりにして袋に入れておくと、入金が時短でできますね。ただし店舗外のスーパーやショッピングモールなどに設置されたATMには硬貨の入出金機能がないので、銀行に行く必要はありますよ。

1円玉が大量にある場合は、1個の重量がぴったり1グラムなので、料理量りを使って計量すると簡単に数を計算できます。

硬貨を種類ごとに収納できるケースを使うと、それぞれの数量把握も簡単ですよ。

カール事務器(CARL)
¥600 (2024/05/24 11:18:46時点 Amazon調べ-詳細)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ちなみにゆうちょのATMで硬貨を入金すると、1枚でも110円の手数料が発生するため要注意です。

しかし調べていると、今後手数料の値上げ改定が予定されている地方銀行もありました。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
例えば「ATMでの硬貨入金を1回目は50枚や100枚までの投入を無料でできても、2回目からは枚数に応じて手数料が発生する」という内容です。

溜まった小銭をフル活用できるように、あらかじめ銀行の情報を確認し計画的に入金していきましょう。

   

結論 | 溜まった小銭は計画的に入金・両替・使用しよう

溜まった小銭の対処法のまとめ
  • 両替裏ワザには地道に支払いに使う方法もある
  • 10円以上の硬貨は交通ICカードにチャージして使える
  • 大量の1円玉や5円玉はお賽銭や募金にすると良い
  • 小銭をお札にするにはまず銀行口座に入金がおすすめ
  • 銀行への入金は手数料を比較して計画を立てる

溜まった小銭をどうするか悩んだときには、知恵袋回答からおすすめした裏ワザを参考にして、計画的に処理していきましょう。

裏ワザにも硬貨の種類が限られる方法もあるため、まず硬貨の種類ごとにだいたいの枚数を把握しておくと良いですね。

ゆうちょや銀行に入金する場合は無料で済む硬貨枚数を確認し、できるだけ手数料がかからないように小分けして効率の良い方法を考えましょう。

せっかく溜まった小銭をできる限りムダにすることなく、有効活用できるようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました