PR

電気代が月3万円以上は高い!状況別の相場と安くする方法を徹底調査

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

先日姉と電気代の話になり、一戸建てに住んでいる姉の家庭では、月に3万越えだと聞いてとても驚きました。

一方、マンションに住んでいる私の家庭では、月に1万も超えないことがほとんどです。

さすがに、電気代が月に3万円以上というのは高いのではないかと思いましたが、姉曰く無駄に電気を使っている覚えはないそう。

そこで、平均的な電気代や電気代が高くなる理由や節電方法などを調べてみました。

 

  • 世帯人数別平均的な電気代はどれくらいか?
  • 夏場と冬では電気代はどちらがかかるのか?
  • 電気代が高くなる原因とは何か?
  • 電気代が高い家電について
  • 上手に節電する方法とは?節電するためのアイテムも紹介
  • プラン電力会社の変更で電気代を安くできるのか?

 

調べてみると、「電気代が高い」という悩みを抱えている人は多いようですが、平均的な電気代がどれくらいなのかを知っている人は、意外と少ないと思います。

夏場と冬では電気代も変わってきますし、地域による差もあるかもしれません。

たして月3万という電気代が高いのかはもちろん、電気代が高くなる原因も調査してみました!少しでも月々の電気代が安くなると、とても助かりますよね。

節電の方法もご紹介もするので、ぜひ参考にしてみてください。

   
こんな記事もおすすめ!
戸隠神社 行ってはいけない

【戸隠神社に行ってはいけない?】呼ばれると人生が変わる理由

0800 出てしまった

【0800からの着信に出てしまったら料金発生する?】対処方法も解説

中国からの電話に出てしまった 料金

【海外詐欺】中国からの電話に出てしまったけど料金はかかる?

ニゲラ 植えてはいけない

【ニゲラを植えてはいけない理由】庭で増えすぎて毒性もある!?

Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

蚕 成虫にしてはいけない理由

【蚕を成虫にしてはいけない理由】かつては飼育が禁止だった!?

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

スポンサーリンク

電気代が月3万円以上でビックリ!高い原因や世帯人数別の平均価格とは?

まずは、電気代がどのように決まるのかですが、基本的には次の通りです。

 

電気代 = 基本料金 + 電力量料金(毎月の使用量<kWh>×電力会社の設定している電気料金)

 

なお、地域によっては基本料金ではなく、最低料金などが設定されている場合もありますが、概ねこの通りです。

当然、使用する電気の量によって電気代が変わってきますので、一人暮らしよりも二人暮らし、3人よりも4人家族のほうが電気代は高くなります

世帯人数別に見た平均的な電気代も、以下で確認してみましょう。

 

世帯別の電気代平均
世帯人数 電気代(1ヶ月)
1人 5,392円
2人 9,559円
3人 11,024円
4人 11,719円
5人 12,846円

 

こうしてみると、たとえ4人家族であっても月に3万円以上電気代がかかるのは、やはり高いと言えますね。

そのため、常に毎月3万以上かかるという場合は、一度漏電を疑ってみてもいいかもしれません。

しかし、気づかないうちにたくさん電気を使っている場合もあるので、電気代が高くなる原因を詳しく調査してみました。

 

電気代が3万円など、高くなる原因はコレ!?

電気代は、電力の使用量によって変化してくるので、電気代が高くなるということは、電力を多く消費しているということですね。

では、電力を多く消費する原因は何か、解説していきます。

 

季節や地域差による

電気代は、夏場よりも暖房を多く使用する冬のほうが高くなります

 

<4人家族の場合>

の電気代平均 → 11,039円

の電気代平均 → 14,835円

 

これは、調整する気温差が大きいほうが、よりたくさんの電力が必要になるからです。夏場に33℃から27℃にするより、冬に10℃から22℃にするほうが気温差が大きいですよね。

実家が北海道の我が家では、冬の電気代が3万円以上ということも珍しくなかったようです…。

ただし、冬の気温差よりも夏の気温差のほうが大きい沖縄などの地域では、夏場のほうが電気代が高くなる傾向があります。

 

オール電化を導入している

一戸建ての場合などは、オール電化にしているご家庭もあるかと思いますが、そうなると光熱費を全て電気で賄うため、当然電気代は高くなってしまいます。

しかし、オール電化で4人家族の平均金額は「14,914円」なので、やはり月に3万円は高いと言えますね。

 

住宅や部屋数の違いによる

住宅の種類部屋数によっても、電気代は変わってきますが、アパートやマンションなどの集合住宅よりも、一軒家のほうが電気代が高い傾向が見られるようです。

ワンルーム、1LDK、2LDK、3LDKと、部屋数が増えるごとに照明や空調設備が必要になり、電気代が高くなると考えられます。

実際に、我が家も夫婦で1LDKから2LDKに引っ越したときには、3万円まではいかないまでも、電気代が高くなったことを覚えています。

 

世帯人数や生活スタイルによる

一人暮らしよりも、夫婦や同棲カップル、そして家族のほうが人数が多くなるため、電気を使用する頻度が高くなります

また、家族構成生活スタイルによっても電気代は変わってきますね。

例えば、専業主婦などずっと自宅にいる場合や、赤ちゃんやペットがいて空調管理に気を配ったりすると、電気代は高くなる場合があります。

私の実家では、姉と私が中高生だったときは暖房などを多用したため、電気代が月に3万円超えるのも珍しくなかったそうです…。

このように、同じ人数でも家族構成などによって、電気代が高くなることが考えられます。

 

使用している家電による

使用する家電によっても、電気代は大きく変わってきます。SNSの意見を見ても、暖房や浴室乾燥機を多く使う場合に「電気代が高い!」となっている印象がありました。

現在は、節電家電が多く発売されていることからも、家電による電気代の違いは大きいようです。

では、電力を多く使うのはどの家電なのでしょうか?次章で具体的に見ていきましょう。

電気代が一番かかるのはどれ?まずは消費電力が高い家電を把握しよう!

消費電力が高い家電を多く使うと、その分電気代が高くなってしまいますね。

家電の新旧や性能、使い方によって消費する電力に大きな違いがあるため、一番電気代がかかる家電を明言するのは難しいかもしれません。

しかし、経済産業省のHPで、家庭における電力消費量の多い家電が順番に掲載されていたので、こちらを参考にしてみるのもよいでしょう。

 

消費電力が高い家電~高い順~

  1. 冷蔵庫
  2. 照明
  3. テレビ
  4. エアコン
  5. 電気給湯器
  6. ウォシュレット
  7. 食洗器
  8. 電気ポット
  9. パソコン
  10. 炊飯器
  11. 洗濯機
  12. 電気カーペット

 

常に待機電力が必要な冷蔵庫は、家庭における消費電力が高い傾向にありますね。

照明に関しては、1台分であればさほど電気代は高くありませんが、普通は複数あるので、結果的に高くなりがちです。

エアコンは、暖房に多用するともっと電気代がかかる場合がありますし、洗濯機乾燥機能を多用すると電気代は高くなります。

その他、使用頻度が高そうな家電である「電子レンジ」は年間で約1,600円、「掃除機」は約1,200円とさほど気にする必要はなさそうです。

「IHコンロ」も、ガスなどの光熱費を合わせて考えると、高い電気代とは言えないようなので安心ですね。

いずれにせよこれは目安ですので、使い方や家電の性能によって、電気代は大きく変わりますので注意してください。

また、上記のランキングには入っていませんが、特に注意して使用したい家電があるので、こちらもチェックしておきましょう!

 

3万円の電気代がかかるかも!?要注意の家電とは

エアコンやクーラーなどは、冷房よりも暖房の場合に電気代が高くなりがちで、実際に電気代が3万円を超えるのは、暖房が必要になる時期が多いです。

そのほか、電気代に気を付けるべき家電をご紹介します。

 

床暖房

エアコンよりも電気代が高く、1ヶ月で8,000円~13,000円程かかることが多いようです。

とても快適ですが、入れっぱなしにするともっと高額な電気代がかかることも。

 

こちらは、床暖房だけの電気代ではないと思いますが、4~5万の電気代はびっくりですね!

 

浴室乾燥機・ドライヤー

熱風を放出し続けるドライヤーは、一人あたり年間2,000円程度かかると言われていますが、使用頻度が高くなったり家族が増えたりすると、電気代が高くなりがちです。

 

また、浴室乾燥機はドライヤーをずっとかけ続けているようなものなので、毎日3時間使用すると、37,000円の電気代がかかるそうです。

 

使いすぎると、電気代は3万円どころではないようですね。

暖房が必要な冬の時期は、特に注意が必要です!次章では、どうしたら電気代が節約できるか、節電方法をご説明します。

3万越えの電気代を安くする方法!おすすめの節約術や節電法とは?

電気代だけで3万超えになってしまうと、家計に与える影響も大きいですよね。そこで、少しでも電気代を安くするために、効果的な節電法をご紹介します。

 

基本的な節電法

  • コンセントや照明などはこまめに消す
  • なるべく1つの部屋で過ごすようにする
  • 1枚多く羽織るなどの防寒対策を取り入れる
  • 夏はカーテンを閉じ冬は開けるなどして、日光を取り入れるようにする
  • 温度差をなるべく作らない
  • 断熱材を利用する
  • 照明はLEDに替える

 

家族が多い場合は、なるべく1つの部屋で過ごすようにするだけでも、電気を節約できます。

また、暖房に消費される電力が大きいため、なるべく部屋の温度を逃さないように、日光を取り入れたり断熱材を利用したりするのも有効です。

エアコンの設定温度を低めにして、1枚多く羽織るだけでも快適に過ごせますよ。ほかにも、暖房の種類を使い分けるのもおすすめです。

 

暖房器具の使い分け方

部屋の温度の状況によって、以下のように暖房器具を使い分けるとよいです。

  • すぐに温まりたい時 → 石油ファンヒーター
  • ある程度温まってから温度を一定にする場合 → エアコン
  • 少しくつろぐ程度で温まりたい → こたつ

上から順に、電気の消費量は大きくなりますが、上手に使い分けることで電気代を抑えられるかもしれませんね。

 

またエアコン関しては、運転効率を上げると節電することができます。

 

エアコンの節電法

エアコンは、次のような工夫をすることで節電効果が期待できます。

 

  • 設定温度を適度に変更して、自動運転にする
  • フィルターの掃除をきちんとする
  • 室外機の周りに物を置かない

 

エアコンを付けたり消したりして温度差を作るよりも、つけっぱなしのほうが電気代を抑えられることがあります。

そのため、あまり温度差を作らないよう、設定温度に注意し自動運転にしておくのがおすすめです。

とはいえ、不在中にずっとエアコンをつけていると、当然電気代が高くなので注意してくださいね。

また、5年以上前のエアコンなどの暖房器具は、新しく買い替えると大きく節電できる場合もあります。

 

エアコンの室外機の扱い方は、こちらから詳しく確認することができます!
↓ ↓ ↓ ↓
エアコンの室外機に水をかけると故障する?どこならかけてもいいの?

 

続いて、消費電力の高い冷蔵庫の節電法もご紹介します。

 

冷蔵庫の節電法

冷蔵庫に関しては、次のような工夫をしてみてください。

 

  • 冷蔵庫の設置は、左右5mm、上部50mmの隙間をあける
  • 冷蔵庫に食べ物を詰めすぎない
  • 開けたらすぐに閉める

 

冷蔵庫は放熱する必要があるため、壁や天井に隙間が必要なんですね。また、食べ物を詰めすぎると運転効率が下がるため、ほどほどにしましょう。

ちなみに少し意外ですが、小さいサイズよりも大きなサイズの冷蔵庫のほうが、消費電力は抑えられるようです!

エアコンや冷蔵庫に限らず、今どきは消費電力を抑えられる家電も多いので、節電家電に買い替えるのも1つの方法ですね。

そのほか、節電アイテムを使って電気を節約することもできますよ。

 

節電に役立つアイテムをご紹介!

節電家電を買い替えるのは大変でも、これくらいの節電アイテムであれば、気軽に取り入れられるのではないでしょうか。

 

節電アドバイザー

電気の使用量や電気代がリアルタイムで確認できるので、使いすぎを防げますね。

オレゴン 節電アドバイザー ECOCO EMS-100J 【HD】【TC】

 

冷蔵庫カーテン

冷蔵庫の冷気を逃がさないため、温度変化が少なくなって節電になります。

省エネ 冷蔵庫 保冷 カーテン しっかりと冷気を逃がさないから 節電 節約 エコ 対策 エコグッズ 冷蔵庫カーテン 節電商品 クールカーテン キョーワの カーテン

 

節電タップ

スイッチが付いているのでオンオフすることで、いちいちコードを抜く手間が省けて便利です。

延長コード 節電タップ 6口 おしゃれ シンプル コンセント 電源タップ 節電 HS-T1392W タップ 電源 タコ足 たこ足 スイッチ 1.5m ホワイト オーム電機 送料無料【OHM】【D】

 

断熱フィルム

窓ガラスの内側に張り付けると、省エネ対策になりますよ。

UVカット+省エネ機能がついた マジックミラー断熱フィルム92×100cm HGS-651M /防寒/断熱シート/断熱フィルム/結露/ガラスシート/窓ガラスフィルム/遮熱/断熱/結露防止/紫外線防止/UV/断熱材/シート/フィルム/【RCP】fs04gm

便利な節電アイテムをご紹介しましたが、「これだ!」と思うものがあれば試してみてください。

ですが、これらのアイテムを使って頑張って節電しても、なかなか電気代が安くならない場合はどうしたらいいのでしょうか?

続いて、電気代を安くするための、別の手段を解説します。

どうしても電気代が安くならない場合は別の方法を考えよう!

最初にご説明した通り、電気代は基本料金や電力使用量、電力会社の定める電気料金で算出されます。

今までご紹介してきたのは、その中でも電力使用量を抑える方法でしたが、その他の部分を替えることで、電気代を安くできる可能性がります。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

料金プランや電力会社を見直すと電気代が安くなることも!

まずは料金プランですが、契約アンペア数を下げると基本料金が下がることが多いです。

電力の検針票には、契約アンペア数が記載されているかと思いますが、このアンペア数は一度に使える電力を表しています。

よくブレーカーが落ちることがありますが、これはその「一度に使える電力数」を超えてしまったときに起こるものですね。

一度に使える分量が大きいほうが料金は高くなるので、アンペア数が高いと基本料金も上がってしまいます

4人家族の場合は40~50Aが多いそうですが、4人家族の我が家は30Aにしています。まだ子供が幼いから可能な部分もありますが、一度に家電を使わないようにすると、意外に大丈夫です。

すぐにブレーカーが落ちるようなら問題ですが、プラン変更をすると電気代が安くなるので試してみてはいかがでしょう。

また、電力会社によって電気料金は変わりますが、ガスやインターネット、スマホと同時契約だと割引価格になったり、ポイントが付与されたりする場合もあるようです。

一度変更してしまうと、そのままずっと電気代が安くなるので、電力会社の変更を検討してみるのもいいかもしれません。

 

太陽光発電の導入や高気密の家にするという手も

思い切った手段ではありますが、光熱費のかからない家にするということもできます。

太陽光発電の場合、導入には100万円ほどかかりますが、節電だけでなく売電することもできるので、長い目でみるとお得になるケースもあるでしょう。

同じく高気密の家だと、光熱費を抑えられます。実際、気密性が高い北海道の家のほうが、関東の寒い地域よりも冬の電気代の平均値が低いんです。

もし新築の予定があれば、選択肢に加えてみてもいいかもしれませんね。

現在ではソーラーパネルの設置を0円で設置することが可能です。再生可能エネルギー普及を目指してこのような補助金が地方自治体から支給されます。

お住まいの地域によって異なりますので対象エリアかどうか是非ご確認ください。

 

まとめ

電気代の平均額節電方法などを詳しく説明してきましたが、最後にポイントをまとめます。

 

  • 電気代の平均は、4人家族で1ヶ月11,239円程度
  • 電気代が月3万円以上はとても高いといえる
  • 夏場よりも暖房が必要な冬のほうが電気代が高くなる
  • 世帯人数部屋数、使用する家電によって電気代が変わってくる
  • 暖房器具浴室乾燥機冷蔵庫などの家電は消費電力が高い
  • エアコンや冷蔵庫運転効率を上げると節電になる
  • 暖房器具を上手に利用したり、節電アイテムを使うと節電できる
  • 契約プラン電力会社変更すると電気代が安くなる可能性があ
  • 太陽光発電などを導入するという選択肢もある

 

電気代は気にせずに使うと、思いがけない高額になってしまうようですね。

たまに浴室乾燥機を使いたいときもあるのですが、なるべく使わないほうが電気代には優しいと思いました。

そして月に3万円はさすがに高すぎるようなので、節電方法を姉にも教えてあげようと思います。

家電はとても便利なものですが、無駄に電気代が高くなりすぎないよう、上手に使うようにしてみてくださいね!

 

電気代だけでなく家賃などの固定費も気になる場合は、こちらも確認してみて下さい!
↓ ↓ ↓ ↓
手取り17万で家賃6万は生活できる?目安はこのくらいです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました