ピーマンの栄養と食べ過ぎによる体への影響|1日何個までOK?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピーマンばかりを食べ過ぎると、栄養素の偏りにより体に悪い影響が出る可能性もあります。

しかし本来ピーマンは栄養成分が豊富に含まれメリットの多い野菜なので、適量を守ればあまり心配ありません。

ピーマン 食べ過ぎ

食べ過ぎにならないピーマンの適量や、食べ方に注意した場合に効果が期待できる健康メリットについて、今回は下記の3つの項目について調査しました。

ピーマンは生で食べるとお腹を壊すという噂を耳にしたので、生食は体に悪いのかの真相について明らかにしていきます!

ピーマンの苦みが嫌いなお子さんや大人でもおいしく食べられる料理のコツも合わせて紹介しています。

食べ過ぎにならないように気をつけながら、豊富な栄養素を効率よく取り入れられる方法をわかりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こんな記事もおすすめ!
青のり 代用

青のりの代用品10選|あおさ・焼き海苔は代わりになる?磯辺揚げの代替レシピも紹介!

明太子 食べ過ぎ

明太子を食べ過ぎると病気になる?たらこも同じ?1日何本までOKか

白子 食べ過ぎ

白子の栄養素と食べ過ぎによる注意点|適量や効果的な食べ方も解説

パイナップル 食べ過ぎ

パイナップルの栄養と食べ過ぎによるデメリット|舌が痛くなるのを防ぐ方法は

エビ 食べ過ぎ

エビの栄養素と食べ過ぎによるリスクを解説|1日の摂取量は

れんこん 食べ過ぎ

れんこんの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?適量や効果的な食べ方も紹介!

レタス 食べ過ぎ

レタスを食べ過ぎると下痢や病気の原因になる?1日の適量も解説

とうもろこし 食べ過ぎ

とうもろこしを食べ過ぎると腹痛や太る原因になる?1日の適量も解説

だしの素 代用

だしの素・和風だしの代用品15選!ほんだしや白だしとの違いは?

キウイ 食べ過ぎ

キウイを食べ過ぎると太る・腹痛などの原因に?1日何個までが適量か

ホタルイカ 食べ過ぎ

ホタルイカの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?1日の適量も解説

茎わかめ 食べ過ぎ

茎わかめの食べ過ぎは下痢・腹痛の原因に?栄養素やダイエット効果は

栗の栄養成分と食べ過ぎによるデメリット|毎日の適量は何個まで?

しらたき 食べ過ぎ

しらたき (白滝) の食べ過ぎによるデメリット|1日の摂取量は

いくら 食べ過ぎ

いくらの食べ過ぎで痛風になる?プリン体の含量は?適量も解説!

ほうれん草 食べ過ぎ

ほうれん草を食べ過ぎると病気になる?1日の摂取量はどのくらいか

アスパラガス 食べ過ぎ

アスパラガスの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

レモン 食べ過ぎ

レモンを食べ過ぎると腹痛・胃痛などの原因になる?1日の適量は

かぼちゃ 食べ過ぎ

かぼちゃの栄養と食べ過ぎによる太るなどのデメリット|1日の適量は

キャベツ 食べ過ぎ

キャベツの食べ過ぎで太る?死亡説は本当?1日の適量も解説!

きくらげ 食べ過ぎ

きくらげの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

砂肝 食べ過ぎ

砂肝の栄養素と食べ過ぎによるデメリット|毎日食べるときの適量は

わさび 食べ過ぎ

わさびの食べ過ぎによる副作用は?死亡説は本当?1日の適量も解説

さつまいも 食べ過ぎ

さつまいもの栄養素と食べ過ぎによる太る・腹痛などの注意点|毎日の適量は

ラーメン 食べ過ぎ

ラーメンを食べ過ぎると病気になる?カップ麺も体に悪い?対処法も解説!

さくらんぼ 食べ過ぎ

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢などの原因になる?1日の適量は

ネギ 食べ過ぎ

ネギの食べ過ぎは腹痛・下痢・胃痛などの原因になる?1日の適量は

ごぼう 食べ過ぎ

ごぼうの食べ過ぎは腹痛や下痢などの原因になる?1日の適量は

舞茸 食べ過ぎ

舞茸の食べ過ぎで腹痛・下痢などに?栄養素や1日の摂取量も解説

小豆 食べ過ぎ

小豆の栄養と食べ過ぎによる副作用は?ダイエット効果・毎日の適量も解説

ピーマンの栄養成分とは?食べ過ぎに注意したときのメリット

下記の表は、ピーマンの主な栄養成分をまとめたものです。

ピーマン100gあたりの主な栄養成分
エネルギー20kcalビタミンK20μg
カリウム190mgビタミンB60.19mg
β-カロテン当量400μgビタミンC76mg

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂) (※1)

ピーマンは100gあたり20kcalと低カロリーで、ビタミン類が豊富に含まれている緑黄色野菜です。

緑黄色野菜とは、原則として可食分100gあたりのβ-カロテン量が600μg以上の野菜です。ピーマンは食べる頻度や量が多いので、カロテン含有量は600μg未満ですが緑黄色野菜に分類されています。 (※2)

ピーマンの栄養素にはどのような働きがあるのか、食べ過ぎに注意したときのメリットについて、詳しく見ていきましょう!

ピーマンは栄養価が高く、美容や健康維持に役立つ

ピーマンは美容や健康維持に欠かせない栄養価の高い野菜で、特に美肌の維持に必要なカリウム、β-カロテン、ビタミンCが多く含まれています。

〇 ピーマンの主な栄養素に期待される働き
✖ 過剰摂取によるデメリット
カリウム
(※3)
〇 過剰なナトリウムを排出し、むくみや高血圧を予防する
✖ 腎臓に疾患がある場合は高カリウム血症に注意
β-カロテン
(※4)
〇 皮膚や粘膜の健康を維持する
〇 抗酸化作用により、免疫力を高める
ビタミンK
(※5)
〇 骨粗鬆症を予防する
✖ 溶血性貧血や吐き気、軟便などの可能性がある
ビタミンB6
(※6)
〇 免疫機能の維持や皮膚の抵抗力を高める
〇 エストロゲンの代謝に関わり、女性ホルモンのバランスを整える
✖  神経障害など(サプリなどで大量摂取した場合)
ビタミンC
(※7)
〇 コラーゲン合成を助け、肌や細胞の健康を維持する
〇 抗酸化作用により、免疫力やストレスへの抵抗力を高める
✖ 下痢、吐き気、頭痛など(サプリなどで大量摂取した場合)
葉緑素(クロロフィル)
〇 コレステロールを体外に排出する
ビタミンP
〇 高血圧や動脈硬化を予防する
〇 ビタミンCを熱から守る

(※8)
(※9)

ピーマンは体に良いメリットが多い食材ですが、過剰摂取に注意しなければならない栄養素も含まれていますね。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

ピーマンばかりたくさん食べると、栄養が偏ってしまい体に悪いデメリットもあるため、適切な1日の摂取量を知っておくことが大切ですよ!

ピーマンを食べ過ぎたときの体への影響と適量は|1日何個まで?

ピーマンを食べ過ぎると、ビタミンCの過剰摂取やアレルギーが原因で体に不調が起こる可能性があります。

まずは、ビタミンCのとり過ぎが体に悪影響を与える仕組みについて確認してみましょう。

腹痛

ビタミンCのとり過ぎは下痢や吐き気の原因に

ビタミンCは水溶性であり余分に摂取しても尿中に排出されるため、通常の食事では過剰摂取の心配はほとんどありません。

しかしピーマンを食べ過ぎて、一度に大量のビタミンCを摂取すると下痢や吐き気、頭痛などの症状が現れることもあります。
ピーマンを食べすぎて、下痢の症状を起こしてしまった方もいます。

せっかく豊富に含まれているビタミンCも、食べ過ぎによって悪影響を及ぼしてしまっては勿体無いですね。

そこで、ビタミンCがとり過ぎにならないピーマンの1日の適量について解説しましょう!

ピーマンの1日の適量

ビタミンCの1日の推奨量は、12歳以上の男女では1日100mgです。(※10)

ピーマン100gあたりに含まれているビタミンCは76mgなので、約130gのピーマンで1日に必要なビタミンCを摂取できる計算になります。

ピーマンの目安量は1個35gなので、適量は1日3〜4個ですね。(※11)

ただし、ビタミンCは他の野菜や芋類、果物にも含まれているので、毎日の食事内容に合わせて調整し食べ過ぎには注意しましょう!

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

また、ピーマンは生で食べるとお腹壊すという噂がありましたので、真相を確かめてみます!

鮮度のいいピーマンは生で食べても問題ない

ピーマンを生で食べるとお腹を壊すという口コミがありましたが、調査してみたところ新鮮なピーマンであれば生で食べても問題ないことがわかりました。

ただし、傷んだピーマンを生で食べると食あたりを起こす可能性があるので、サラダなど生食で食べる場合は必ず鮮度のいいピーマンを選んでください。

また、胃腸が弱っている時に生のピーマンを食べ過ぎると、消化不良が原因で腹痛になることもあるので注意しましょう!(※12)

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

ピーマンを食べてアレルギーの症状が出るケースもあるようなので、ご紹介します。

花粉症の方はアレルギーに注意!

ピーマンを食べて唇が腫れたり、喉がイガイガとして痒くなることがある場合は、口腔アレルギー症候群を発症している可能性があります。(※13)

アレルギー

特に花粉症の方は症状が出やすいと言われており、注意が必要です!

重症化すると危険なので、症状が見られた場合はピーマンを食べることを直ちにやめて、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

最後に、ピーマンの栄養素を逃さずに摂取できる効果的な食べ方をご覧ください。

ピーマンの栄養素を活かす組み合わせとおすすめレシピ

ピーマンの栄養素を効果的に摂取できるおすすめのレシピをご紹介します。

まずは、生食でも苦味が出にくいおすすめの切り方を解説しましょう!

生食の場合は繊維に沿って切ると苦味が出にくい

新鮮なピーマンは生で食べても美味しく、シャキッとした食感を楽しめます。

生食は苦味が気になる方もいるかもしれませんが、繊維に沿って縦に切ると苦味が出にくく、お子様でも食べやすくなりますので、ぜひ試してみてください!

生

また、ピーマンは炒めることで苦味が和らぎ、ビタミンの吸収率がよくなります!

油で炒めることでビタミンの吸収率がUP

ピーマンに含まれているβ-カロテンは油との相性がよく、油で炒めることで体内での吸収率が上がると言われています。(※14)

また、ピーマンのビタミンCは熱に強いので、加熱しても栄養価が落ちる心配はありません。

無限ピーマン

ごま油、ツナ缶、ピーマンを合わせてレンジで加熱するだけの無限ピーマンは、ビタミンを効果的に摂取できるおすすめの食べ方です。

また、あまり知られていないですが、ピーマンはワタや種も食べられます。

ピーマンのワタや種も食べよう!

ピーマンのワタや種は捨ててしまいがちですが、実は栄養価が高いことをご存知ですか?

ピーマンのワタには、血液をサラサラにする効果が期待できるピラジンや、冷え性対策に効果が期待できるカプサイシンが含まれていますし、種はカリウムが豊富です。(※15)

種

ピーマンの栄養素を無駄なく摂取するには、種やワタを丸ごと食べる焼きピーマンがおすすめです。

ただし、ピーマンの種は傷みやすく古くなると黒ずんでしまうので、種やワタを丸ごと食べる時は新鮮なものを選ぶようにしましょう!

結論|ピーマンは食べ過ぎに注意して適量を守ろう

ピーマンはビタミンCを多く含むため、一度に食べ過ぎると下痢や吐き気を起こす可能性もあります。

しかし、適量を守って食べれば美容や健康維持に欠かせない栄養価の高い野菜です。

ビタミンCの推奨量から算出した1日の適量は3〜4個ですので、他の食品とのバランスを見ながら、ピーマンを毎日の食事に取り入れて健康維持に役立ててください。

新鮮なら生食できますが、ピーマンに含まれているビタミン類は加熱に強いので苦味が気になる時は切り方を工夫したり、加熱して食べてもいいでしょう!

 

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

料理・食材
スポンサーリンク
今回の内容は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように努めます。
生活の知恵袋 ヨセミテ

 

こんな記事もよく読まれています
青のり 代用

青のりの代用品10選|あおさ・焼き海苔は代わりになる?磯辺揚げの代替レシピも紹介!

明太子 食べ過ぎ

明太子を食べ過ぎると病気になる?たらこも同じ?1日何本までOKか

白子 食べ過ぎ

白子の栄養素と食べ過ぎによる注意点|適量や効果的な食べ方も解説

パイナップル 食べ過ぎ

パイナップルの栄養と食べ過ぎによるデメリット|舌が痛くなるのを防ぐ方法は

エビ 食べ過ぎ

エビの栄養素と食べ過ぎによるリスクを解説|1日の摂取量は

れんこん 食べ過ぎ

れんこんの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?適量や効果的な食べ方も紹介!

レタス 食べ過ぎ

レタスを食べ過ぎると下痢や病気の原因になる?1日の適量も解説

とうもろこし 食べ過ぎ

とうもろこしを食べ過ぎると腹痛や太る原因になる?1日の適量も解説

だしの素 代用

だしの素・和風だしの代用品15選!ほんだしや白だしとの違いは?

キウイ 食べ過ぎ

キウイを食べ過ぎると太る・腹痛などの原因に?1日何個までが適量か

ホタルイカ 食べ過ぎ

ホタルイカの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?1日の適量も解説

茎わかめ 食べ過ぎ

茎わかめの食べ過ぎは下痢・腹痛の原因に?栄養素やダイエット効果は

栗の栄養成分と食べ過ぎによるデメリット|毎日の適量は何個まで?

ピーマン 食べ過ぎ

ピーマンの栄養と食べ過ぎによる体への影響|1日何個までOK?

しらたき 食べ過ぎ

しらたき (白滝) の食べ過ぎによるデメリット|1日の摂取量は

いくら 食べ過ぎ

いくらの食べ過ぎで痛風になる?プリン体の含量は?適量も解説!

ほうれん草 食べ過ぎ

ほうれん草を食べ過ぎると病気になる?1日の摂取量はどのくらいか

アスパラガス 食べ過ぎ

アスパラガスの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

レモン 食べ過ぎ

レモンを食べ過ぎると腹痛・胃痛などの原因になる?1日の適量は

かぼちゃ 食べ過ぎ

かぼちゃの栄養と食べ過ぎによる太るなどのデメリット|1日の適量は

キャベツ 食べ過ぎ

キャベツの食べ過ぎで太る?死亡説は本当?1日の適量も解説!

きくらげ 食べ過ぎ

きくらげの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

砂肝 食べ過ぎ

砂肝の栄養素と食べ過ぎによるデメリット|毎日食べるときの適量は

わさび 食べ過ぎ

わさびの食べ過ぎによる副作用は?死亡説は本当?1日の適量も解説

さつまいも 食べ過ぎ

さつまいもの栄養素と食べ過ぎによる太る・腹痛などの注意点|毎日の適量は

ラーメン 食べ過ぎ

ラーメンを食べ過ぎると病気になる?カップ麺も体に悪い?対処法も解説!

さくらんぼ 食べ過ぎ

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢などの原因になる?1日の適量は

ネギ 食べ過ぎ

ネギの食べ過ぎは腹痛・下痢・胃痛などの原因になる?1日の適量は

ごぼう 食べ過ぎ

ごぼうの食べ過ぎは腹痛や下痢などの原因になる?1日の適量は

舞茸 食べ過ぎ

舞茸の食べ過ぎで腹痛・下痢などに?栄養素や1日の摂取量も解説

 

    タイトルとURLをコピーしました