生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

破れた切手は使えるの?交換する場合、手数料はいくらかかる?

      2018/09/01



つながった切手を切り離すときに、破ってしまったことはありませんか?

私は先日、やってしまいました!切手を貼ったあとで間違いに気づき、あわてて剥がしたところ、

「あー、破れちゃった!!どうしよう…。」

もっと慎重になればよかったと後悔しても後の祭りで、切手は見事に真っ二つに!

はたして、破れてしまった切手は、使えるのでしょうか?


シート状になった切手を切り離すときや、間違って貼った切手を剥がすときなどに、うっかり切手が破れてしまうことってありますよね。

破れたからといって捨てるのはもったいないし、無理に使っても、切手として認めてもらえるものなのか不安です…。

今回は、破れた切手が使えるのかというテーマを中心に、

  • 破れた切手は使えるの?
  • 破れた切手は交換できる
  • コンビニ等で破れた切手を渡されたらどうする?
  • 破れた切手を使うことはマナー違反
  • 破れた切手の上手な剥がし方ってあるの?
以上の項目について調べてみました!

お読みいただければ、切手が破れた場合の対処法についてわかるかと思います。さっそく、ご覧ください!
Sponsored Links

破れた切手は使えるか?元郵便局員に聞いてみた!

切手を破ってしまいましたが、なんとか使えないものかと元郵便局員さんにリサーチしてみたところ、

「基本的に破れた切手は使えない」

とのことでした。


さらに、破れだけでなく汚れている切手も同様に、使用することは難しいようです。

その理由は、不正な利用を防ぐため。切手は、現金の代わりともいえるので、不正な使用は防がなければなりません。

ですが、破れている範囲によっては使えることもわかりました!

 

破れている範囲や程度によっては使える場合もある

私のように、切手を真っ二つに破いてしまったという以外にも、隅のほうが少しだけ破れた場合など、破れ方もいろいろですよね。

もしも破れた箇所が、切手の外枠の白い縁だけという場合は使えるようです。


でも、切手の絵柄など色の付いた部分が破れて、切れ端がなくなった場合は使用できません

また、破れてもきれいに貼り合わすことができれば、使用できる可能性が高いとのこと。

二つに破けた私の切手も、きれいに貼り合わせそうなので、もしかしたら使えるかもしれません!

 

破れた切手は郵便局で使用できるか確認しよう

「破れた切手は使えるかもしれない」とお伝えしましたが、自己判断は禁物です!

貼り合わせた切手が使えるかどうかは、郵便局の窓口で確認したほうがよいようです

勝手に出してしまうと、差出人に戻されることもあります。さらに最悪の場合、不正切手とみなされて相手に切手代の請求がいくことも!

自分に差し戻されるならまだしも、相手に請求がいったら迷惑がかかってしまいます。ですから、自分で判断せずに郵便局で確認してもらいましょう!


それでは、破れてどうしても使えそうにない切手は、捨てるしかないのでしょうか?でもせっかく買った切手です。無駄にはしたくないですよね。

書き損じたハガキは交換してもらえますが、切手も交換はできるのか次でみていきましょう。

破れた切手は交換できる?その場合の手数料はいくらかかるの?

もしも、切手が使用不可になるほど破れてしまった場合、郵便局で交換してもらえたらいいですよね。実際のところ、どうなんでしょう?

結論から言うと、破れたり汚れたりした切手の交換は難しいようです。

とても、残念ですね…。でも、次のような場合は交換ができるかもしれません!!

 

破れても交換できる切手とは?

切手の破れ具合によっては、交換してもらえるかもしれませんが、どの程度ならOKなのか見ていきましょう。

先ほど、「端の白い部分が破れた程度であれば使用できる」とお伝えしましたが、この程度の破れなら交換できるようです。


ただし、切手の交換は1枚につき5円の手数料がかかります。なので、少額の切手の交換は止めておいたほうがいいかもしれません。

郵便局では、破れた切手や汚れた切手は、基本的に交換NGとしているようですが、窓口によって対応に差があるのも事実のよう。

たとえば、二つに敗れて赤ペンなどで線が入っている切手の場合、交換は不可だけれど使用はOK、もしくはどちらも不可など局によってまちまちです。

ですから、どうしても交換してもらいたい場合は、郵便局で相談してみるとよいかもしれません。

ちなみに、手紙やハガキに貼ってある未使用の切手は交換できます。といっても、現金には交換できないので注意してくださいね。


ところで、私は自分で切手を破いてしまいましたが、コンビニで買った切手が破れていたなんてことも。次は、そういうケースの場合は、どうすればよいのかをお話しします。

コンビニで破れた切手を渡された!こんな場合はどうしたらいいの?

みなさんは、切手はどこで購入することが多いですか?私は、やっぱり近所のコンビニで買うことが多いです。

ポストが併設されているコンビニもあり、切手を買ってそのまま郵便物を出せるので、本当に便利ですよね。

でも、コンビニで買った切手が、破れていた場合はどうすればよいのでしょう?

 

破れた切手を渡されたら?

切手は、シート状にまとめて店舗に保管されています。

なので、必要枚数をシートから切り離して販売しますが、切手を切り離す際に切手が破れてしまうことがあるようです。


もしかすると、コンビニで切手を購入した際に、破れた切手を渡されることがあるかもしれません。

郵便局員さんは、毎日切手の販売をしていて慣れています。ですがコンビニの店員さんは、切手を扱い慣れていないので、ときには不手際があることも。

とはいえ、お金を出して買った大切な商品なので、「お店の不手際で使えない」というのは問題です!

 

コンビニで切手を買うときには慎重に!

コンビニの店員さんは学生のアルバイトも多く、切手を買う際に「不安だな~」と感じることがあるかもしれませんね。

そんな場合は、次のような対処をしてみましょう。

 
  • 買う際に店員に、「破らないように慎重にして欲しい」と伝える
  • 渡された切手が破れていないか、その場で確認する
  • あとで気づいた場合は、レシートを持ってコンビニに行き交換してもらう
 

やはり、買ったその場で確認することが大切かと思います。あとになると、交換も手間になりますし、レシートを紛失していれば難しい場合がほとんどです。

もし、上記のことができない場合は、郵便局に行って使えるかどうか確認しましょう。


シートから切り離すという切手の性質上、切り離すときに破れるということは十分考えられます。

店員さんが忙しいそうだったり、慣れていない様子だったりした場合は、渡された切手をきちんと確認することをオススメします。

ちなみに、切手はコンビニや郵便局以外でも買えますよ!

 
こちらの記事には、郵便局以外で切手が買えるお店について書いてあります。よければチェックしてみてください!
↓↓↓
切手売り場ってどこにあるの?コンビニやスーパーなどでは?
 

さて、交換が難しい破れ方をした切手でも、きれいに貼り合わせれば使えるということをお伝えしましたが…。

本当にそんな切手を使っても大丈夫なのでしょうか?郵便局としてはOKでも、相手の方には失礼にならないのでしょうか?
Sponsored Links