スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ココアパウダーの賞味期限切れは腐る?カビ注意?開封後の日持ちは

ココアパウダー 賞味期限切れ

【執筆者:栄養士 伊藤春】

賞味期限切れのココアパウダーは、未開封で正しい保存がされていた場合に限り、まだ食べられる可能性があります。

保存状態が適切でない場合や開封後は、酸化がすすみ品質が落ちるため注意が必要です。

この記事では、ココアパウダーが食べられないときの見分け方や、日持ちさせる正しい保存方法について紹介します。

この記事を読むとわかる!
ココアパウダーのこと

 

  • 賞味期限切れ後いつまで使える?
  • 開封後の日持ち目安
  • 腐るとどうなるかの見分け方
  • 正しい保存方法や活用レシピ

賞味期限切れのココアパウダーが手元にある方や、開封済みのココアパウダーの使い道に困っている方はぜひ参考にしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は

杏仁豆腐 体に悪い

杏仁豆腐は体に悪い?なぜ危険?食べ過ぎによる健康への悪影響は

かぼちゃ 体に悪い

かぼちゃは体に悪い説|毎日食べるとデメリットがあるって本当?

高野豆腐 体に悪い

高野豆腐は体に悪いの?食べ過ぎると危険って本当?注意点を解説

マンゴー 体に悪い

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

油揚げ 体に悪い

油揚げは体に悪い?太るし添加物が危険?食べ過ぎのデメリットは

マックアップルパイ 体に悪い

マックアップルパイは体に悪い?添加物は大丈夫?人体への安全性

ネオバターロール 体に悪い

ネオバターロールは体に悪い?太るの?食べ過ぎの注意点を解説!

ごぼう 体に悪い

ごぼうは体に悪い?栄養がないって本当?注意点とメリットも解説


ココアパウダーの賞味期限切れは使える?|未開封・開封後の違い

ココアパウダー 腐る

賞味期限切れのココアパウダーは、未開封でメーカーが推奨する保存方法を守った場合に限り、食べられる可能性があります。

比較的日持ちする食品なので賞味期限は長めですが、開封後は酸化がすすみ香りが損なわれやすいので、早めに使い切りましょう。

市販ココアパウダーの賞味期限例
メーカー 商品名 賞味期限
バンホーテン ピュアココア 540日
ダイソー ココアパウダー 360日
富澤商店 純ココア 240日

賞味期限切れでも使える可能性があるのは、あらかじめ各メーカーが余裕を持って賞味期限を設定しているからです。

スポンサーリンク

日持ち目安の考え方|賞味期限は保存状態で左右される

ココアパウダーは賞味期限が設定されているため日持ちしやすく、すぐに品質が低下する食品ではありません。

賞味期限と消費期限の違い(※1)

賞味期限・・・品質が変わらずに美味しく食べられる期間。期限が過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではない。
賞味期限・・・安全に食べられる期間。期限が過ぎたら食べない方が良い。

賞味期限は安全係数をもとに、各メーカーが余裕を持って設定しています。
安全に食べられる日数に対してかける1未満の数字のことです。多くは0.8を用いて賞味期限を設定しています。(※2)

安全係数(0.8)を使って計算すると、賞味期限切れのココアパウダーがどのくらい日持ちするか判断できます。

安全係数が0.8の場合の計算結果
  • バンホーテン:賞味期限540日
    540÷0.8=675日
  • ダイソー:賞味期限390日
    390÷0.8=488日
  • 富澤商店:240日
    240÷0.8=300日

バンホーテンのピュアココアは賞味期限切れから約4ヶ月、ダイソーのココアパウダーは約3ヶ月、富澤商店の純ココアは約2ヶ月過ぎても食べられる可能性があります。

ただしこれは、未開封でラベルに記載された保存方法を守った場合に限るうえ、メーカーの保証期間は過ぎているので、期限内に使いきることをおすすめします。

保存状態が悪い場合は、酸化がすすみ風味が落ちたり、カビや虫が発生したりする可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

腐ると香りが変化する|白い粉はカビではないことも

ココアパウダーの原料は油分をたくさん含むカカオ豆なので、空気に触れると酸化がすすみます。

酸化した油を食べると胸焼けや不快感を生じる場合があるため注意が必要です。

劣化したココアパウダーの見分け方
見た目
変色
・変色している
・カビが生えている
・虫が寄生している
臭い
匂い
におい
・酸化して油臭い
・カビ臭い

食感
触感など
風味が悪い

 

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
明らかに油臭いものを食べると、腹痛・下痢・吐き気などの食中毒をおこすので 、食べる前は匂いをしっかり確認してくださいね。

まれにココアパウダーが白っぽくなる場合がありますが、これはココアパウダーに含まれる油脂が原因で起こるブルーム現象なので、食べても問題はありませんが風味が落ちている場合があります。

カカオに含まれるココアバターが28℃をこえると溶け出し、冷えてかたまり表面に白っぽい粉が浮き出ることです。ココアパウダーやチョコレートなどカカオが原料の食品におこります。

ただし、カビが生えている可能性もあるで、食べる前はカビ臭くないかしっかり確認しましょう。

カビの種類によっては人体に有害なカビ毒を生産するものもあり、加熱でも取り除くことができないので注意が必要です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ココアパウダーの原料であるカカオ豆に生えるカビからは発がんリスクが懸念されているオクラトキシンというカビ毒が産生される可能性があります。(※4)

さらにココアパウダーは香りが甘いことから、虫が寄生する場合があります。

代表的なのがタバコシバンムシです。3ミリ前後の大きさでコーヒーやパンなどの食品以外に、一般家庭の畳などに生息しています。

チャック式のパッケージは簡単に密閉できるのでおすすめですよ。

ミルクココアなどの調整ココアは特に甘い香りがして虫が寄生しやすいため、しっかり密閉して保存するなど注意が必要です。

   
スポンサーリンク
 

開封後のココアパウダーを日持ちさせる保存方法

ココアパウダー レシピ

ココアパウダーは熱や湿気に弱いため、しっかり密閉して涼しい場所で保存しましょう。

ココアパウダーの正しい保存方法
常温 密閉して冷暗所で保存
冷蔵 気温が27℃を超えた場合に、密閉して野菜室で保存
冷凍 おすすめしない

基本的に常温保存で問題ありませんが、夏の暑い時期や梅雨時期に限り冷蔵庫の野菜室での保存もおすすめです。

ただし純ココアは吸湿しやすい性質のため、冷蔵・冷凍時の急激な温度変化による結露で品質が落ちる可能性があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
すばやく出し入れする、1回ずつ小分けにするなどちょっとした工夫をしてみましょう。

さらに寄生虫の対策としてしっかり封を閉じ、袋を二重にして保存するのもおすすめです。

ココアパウダーはお菓子作り以外で使う機会が少ないためあまりがちですが、いろんな活用レシピがあります。

スポンサーリンク

余ったココアパウダーの使い道|大量消費できるアイデアレシピ

ココアパウダーはお菓子に少し入れる使い方がほとんどですが、かけるだけの活用レシピや、一気に消費できるレシピがあります。

ココアパウダーを使った王道レシピ

ふりかけるだけで、簡単にアレンジが効く食べ方もあります。

ふりかけるだけの活用レシピ
  • バニラアイスに:ラム酒もかけると一気に大人の味になります。
  • スライスしたバナナに:ヨーグルトのトッピングにも合いますよ。
  • カステラに:ココアとカステラの甘い香りがマッチしておいしくいただけます。

ココアパウダーを使い切りたい方は、生チョコレートを作るのもおすすめです。

材料はとてもシンプルですぐに作れます。

ココアパウダーの生チョコレート

ココアパウダー レシピ

材料

ココアパウダー:20g
砂糖:30g
牛乳:15g

作り方
  1. 耐熱容器に砂糖と牛乳を入れ、レンジで20秒程温める
  2. ココアパウダーを入れよくまぜ、冷凍庫で1〜2時間冷やし固める
  3. 適当な大きさに切り分け、分量外のココアパウダーをまぶしたら完成!

ココアパウダーはチョコレートと同じカカオ豆からできているので、ミルクと混ぜることでチョコレートの風味を再現できます。

薄いバットに流し固めれば、手で丸めずにカットするだけで済むので楽ですよ。

材料も作り方もシンプルなので、ココアパウダーの使い道に困っている方はぜひ試してみてください。

   
スポンサーリンク
 

結論 | ココアパウダーは香りがいい賞味期限内に消費しよう

ココアパウダーのまとめ
  • 賞味期限切れでも保存状態によっては食べられる場合がある
  • 開封後は密閉して涼しい場所で保存すると日持ちする
  • 白い粉はカビではない場合も
  • 酸化して油臭いものは食べない
  • アレンジが効くレシピがたくさん

ココアパウダーは賞味期限切れでも食べられる場合がありますが、温度変化に弱いためパッケージに記載された方法で保存することが大切です。

いちど空気に触れると酸化がすすむので、開封後はしっかり密閉して涼しい場所で保存し、早めに使い切りましょう。

期限内に食べ切るに越したことはないので、たくさんあまっている方は紹介した活用レシピを参考にしてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました