スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

人参 常温保存

【執筆者:管理栄養士 黒崎佳那】

人参は10℃以下の環境下であれば、常温保存で1〜2週間日持ちするといわれています。

ただし、乾燥に弱く、温度や湿度の変化に左右されやすいので、暑い時期は冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

この記事では、人参の鮮度を保ちながら美味しく食べるために、以下の項目を紹介します。

この記事を読むとわかる!
人参( にんじん )のこと

 

  • 常温・冷蔵・冷凍での日持ち
  • 食べられる状態の見分け方
  • 長持ちさせる保存方法
  • 大量消費できるレシピ

身近な食材の1つである人参を腐らせてしまった経験がある人や、大量購入して保管方法に困っている人はぜひ、この記事を参考にしてみてください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


人参の常温保存は寒い季節のみ|保存方法による日持ちの違い

人参 日持ち

人参は気温が10℃以下になる秋冬であれば常温で保存できますが、乾燥に弱く、温度・湿度が高いと劣化しやすいので正しい方法で保存する必要があります。

人参の日持ち期間の目安
常温(丸ごと) 1〜2週間程度
※10℃以下の場合
冷蔵 カットした状態 3〜4日程度
丸ごと 2週間〜1ヶ月半程度
冷凍(カットした状態) 3週間〜2ヶ月程度

人参は賞味期限の表示義務がない生鮮食品のため、何日持つと断言はできません。

できるだけ長く保存するには、温度管理ができる冷蔵庫がおすすめです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
一度カットすると切り口から乾燥して傷み始めるので、早めに使い切りましょう。カットした場合は冷凍保存がおすすめです。

保存の仕方によって日持ちも異なるため、のちほどご紹介する正しい保存方法もぜひ確認してくださいね。

なぜ人参が乾燥や高温多湿に弱いのかというと、育った環境や水分量の多さが影響しています。

スポンサーリンク

常温保存は寒い期間のみ|乾燥や高温多湿に弱い理由

人参は乾燥や高温多湿に弱いので、常温保存は気温が下がる秋冬が良いでしょう。

なぜ弱いのかというと、人参が育った環境は温度変化があまりなく、湿度が低い土の中で育つからです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
収穫された後もできるだけ育った環境に近づけることで新鮮さを保てますよ。

寒い季節でも、部屋の中で暖房を付けている場合は冷蔵庫での保存が安心です。

長期間保存した人参が食べられるか悩んだ場合は、劣化している様子がないか確認してみましょう。

スポンサーリンク

腐ると見た目に変化が|しわしわは要注意

人参が腐ると見た目や臭いに異変が出てきたり、カビが生えたりします。

腐っている特徴
  • 表面がどろっと溶け出している
  • ふわふわとした白いカビが生えている
  • 酸っぱいような匂いがする

これらの特徴がある場合は、腐っている可能性が高いので食べない方が良いでしょう。

ただし表面がしわしわしてきたり、触ると柔らかい状態になっていたりするだけなら、食べられる可能性があります。

このようになるのは、保存環境が不適切だったり保存期間が大幅に過ぎたりして、中の水分がだんだん抜けて乾燥してしまうのが原因です。

この状態になったからといってすぐに食べられないわけではありませんが、劣化はしているので早めに食べましょう。

しわしわになった人参は、水に浸しておくと状態が緩和されることがあります。気になる場合はぜひ試してみてくださいね。

このような状態にならないためにも、正しい保存方法を確認しておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

人参を長持ちさせる保存方法|大量消費できるアレンジレシピも

人参 冷蔵庫

人参を長持ちさせるなら、1本ずつキッチンペーパーや新聞紙で包み、冷蔵保存がおすすめです。

人参を日持ちさせる保存方法
常温 ・秋冬(10℃以下)のみ
・冷暗所で保存
・表面の水分を拭き取る
・1本ずつキッチンペーパーか
新聞紙で包む
・先端を下にして立てて保存
冷蔵 丸ごと ・1本ずつキッチンペーパーか、
新聞紙に包んでビニール袋に
まとめて保存
・先端を下にして立てて保存
カットした状態 ラップで密封して保存
冷凍 ・使いやすいサイズにカット
・余分な水分を拭き取る
・フリーザーバッグで保存

収穫後の葉が付いた土付き人参を保存する場合は、土をよく洗い流し、葉の部分をカットして葉と根の部分は別々で保存してください。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
葉は根の部分と比べて、日持ちしません。 日持ち期間が違うので、葉の部分は早めに食べるようにしましょう。
農家さんは温度3℃、湿度80〜90%の冷蔵庫で保存して3ヶ月程度、保つそうです。ただし一般的な家庭用冷蔵庫の湿度は約60%なので実践は難しいかもしれませんが参考にしてみてください。

数週間程度で食べ切れるなら冷蔵保存、そうでなければカットして冷凍保存するのがおすすめです。

スポンサーリンク

美味しく食べるなら冷蔵|時短調理に最適な冷凍術も

人参を常温もしくは冷蔵で保存する場合は、余計な水分を吸ったり乾燥を防いだりするために、1本ずつキッチンペーパーや新聞紙で包みましょう。

野菜は育った土の中と同じような環境にするとストレスが少なくなり長持ちするため、なるべく立てて保存してください。

冷凍する場合は、普段の料理に使いやすい千切りや乱切り、いちょう切りなどにカットしてから冷凍するのがおすすめです。

そのままの状態で冷凍すると凍っていて切るのが大変だったり、使いたい分だけ解凍できなかったりなどのデメリットがあります。

カットして冷凍する場合は以下のポイントを押さえて保存しましょう。

冷凍するポイント(※1)
  • よく洗ってから使いやすいサイズにカットする
  • キッチンペーパーでよく水気を拭き取る
  • フリーザーバッグに入れ、平らにしてから空気を抜いて閉じる
  • バッドに乗せて冷凍庫で凍らせる

下処理が済んだ状態だと、すぐに炒めたり茹でたりできるので時短に繋がって忙しい時やすぐに食べたい時に便利ですよね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
使うときは解凍しないで凍ったまま調理してください。解凍すると野菜の細胞が壊れて野菜の旨味が流れ出てしまいます。

いろいろな形にカットしてフリーザーバックで分けておくと、使いやすいですよ。

傷み始めた人参がある場合は、1度に大量消費できるレシピもあるので試してみてください。

大量消費におすすめ!アレンジレシピ

適切に保存していても期限内に使いきれない場合は、アレンジレシピで大量消費して美味しく食べましょう。

おなじみのきんぴらは、人参だけでも美味しく食べられますよ。

人参のきんぴら

Cpicon 人参大量消費に*人参のきんぴら by まこりんとペン子

お弁当のおかずにもぴったりですね。

ジュースにすれば、人参1本でも無理なく消費できますね。

人参ジュース

Cpicon バナナにんじん☆ジュース by ななクレープ

バナナと豆乳も入るので飲みやすそうですね♪

家庭内での食品ロスを減らすために、工夫して使い切るようにしましょう。

その他にも、野菜の保存方法を知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください♪

   
スポンサーリンク
 

結論|人参は寒い時期のみ常温保存可能|基本は冷蔵庫で保存

人参( にんじん )のまとめ
  • 常温保存は寒い季節がおすすめ
  • 乾燥・温度・湿度に注意して保存
  • 安定して保存できるのは冷蔵庫
  • 表面のしわしわは腐敗ではなく乾燥によるもの
  • カットして冷凍すると長持ちする

人参は10℃以下の環境であれば、常温保存できますが、乾燥しないように新聞紙で包んだり、高温多湿にならないような環境で保存する必要があります。

春から夏のような暖かい季節であれば冷蔵庫で保存した方がいいでしょう。

また冷凍保存も活用しながら、日々の食卓に欠かせない人参を美味しく食べましょう♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました