PR

ドアパンチの気づかないふりは捕まる?警察に連絡しないとどうなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

ドアパンチ 気付かないふり

【執筆者:編集部 朝戸尚子】

うっかりドアパンチをしてしまった場合の気づかないふりはおすすめできません

連絡しないで逃げた場合、後日警察から連絡が来るケースもあります。

この記事ではドアパンチをしてしまった場合にするべきことや、ばれる日数、捕まることがあるのかについて紹介します。

この記事を読むとわかる!
ドアパンチ のこと
  • 気付かないふりはありなのか
  • 警察に連絡する必要性
  • バレるケース
  • 当ててしまった後にやるべきこと

やってしまった後にどうするか悩んでいる人は、ぜひ記事を読み進めてみて下さいね。

   

こんな記事もおすすめ!
Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

ひな 名前 タブー なぜ

「ひな」という名前がタブーと言われるのはなぜ?隠語で別の意味も

風速5m どのくらい

【風速5mはどのくらい強い?】髪の毛・釣り・キャンプなどへの影響

風速7m どのくらい

【風速7mはどのくらい強い?】傘・釣り・キャンプなどへの影響

MyWing ブラックでも借りれる

MyWingはブラックでも借りれる?審査基準が緩いって本当?真相は

ガス止められた 勝手に開栓

ガス止められたとき勝手に開栓するのは違法性あり!訴訟リスクは

スポンサーリンク

ドアパンチの気づかないふりはあり?捕まることがあるのか解説

ドアパンチ ばれる日数

うっかり隣の車にドアをぶつけた場合、つまりドアパンチをしてしまった場合、気づかないふりをするか迷うことがあると思いますがおすすめできません

ドアパンチの気付かないふりをおすすめしない理由
  • 相手の車にカメラがある可能性
  • 駐車場の防犯カメラに映っている可能性
  • 後日警察から連絡が来ることも
  • 逃げた場合は当て逃げになる

どうせバレない・捕まらないだろうと逃げるのは簡単ですが、一度逃げてしまった後に取り返しのつかないことになる可能性があります。

悪意をもたずに当ててしまったときこそ、後から後悔することのないように正しい対応をするべきです。

警察に連絡しないとどうなる?逃げ得なら連絡しないほうがいい?

ドアパンチをしてしまった場合、連絡をせずに立ち去ると「当て逃げ」になります。(※1)

きちんと警察に連絡すれば「物損事故」として取り扱われ、基本的に慰謝料や刑事罰が発生することはありません

その場で連絡していれば軽いペナルティで済む話でも、後から捕まった場合はことが大きくなります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
事故を起こしたドライバーには報告義務があるので必ず連絡しましょう。


記事後半で詳しく解説しますが、ドアパンチをしてしまった場合の正しい対処法は、警察と保険会社に連絡し相手方に謝る、です。


証拠が十分でない場合は警察が動かず、見つかる確率が低いことから「逃げ得」だと言われることもありますが、警察が動いて証拠が見つかると後日連絡が来ることもあります。

ばれる日数はどれくらい?後日警察から連絡が来ることも

ドアパンチがばれる日数は相手の対応や証拠の揃い加減次第です。

ぶつけられた側の車に映像を記録するものが搭載されておらず、駐車場にも防犯カメラがない場合、ぶつけた車を特定するのは難しいのが現実です。


ただしこの方のような目撃者がいて通報されるケースや、駐車場の防犯カメラに映像が残っているケース、そして警察から悪質性があると判断されると連絡が来ることもあります。

車にこのような防犯カメラをつけており、当てた瞬間や車のナンバーが映っている場合もあります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
証拠さえ残っていれば、ドアパンチから日数が経過していても連絡が来ることがあるようです。


こちらはドライブレコーダーに記録が残っていなかったものの、警察が駐車場の防犯カメラを確認するケースです。


このようにドアパンチされた側のドライブレコーダーや、周辺の防犯カメラに記録が残っており警察が動くと、当て逃げとして処理されてしまいます。

悪気がなかったとしても気づかなかったふりはせず、必ず警察に連絡の上、相手方には謝罪しましょう。

 

ドアパンチしてしまった場合の対処法を解説

ドアパンチ 警察 連絡しない

ドアパンチしてしまった場合にするべきことは、まずは相手が現場にいる場合はすぐに謝罪し、警察に連絡することです。(※2)

ドアパンチしてしまったときの対処法
  • 相手に謝罪
  • 警察に連絡
  • 加入している保険会社に連絡
  • 破損部位の撮影

警察への連絡が済んだら、続いて自分が加入している保険会社に連絡をいれましょう。

契約内容次第では、負担する修理代を補償してもらえることがあります。

保険を使える場合は保険会社が間に入ってやり取りしてくれるので、トラブル対策としても安心です。

ただし保険を利用すると翌年の保険料が高くなる場合もあるので、保険会社に相談してみてくださいね。

その場に相手がいない場合は車で待つのが基本ですが、ショッピングセンターのような施設の場合は、館内放送をお願いすることもできます。

トラブル回避のためにも必ず警察に連絡しよう

ぶつけてしまった相手が示談でいいよ、と言ってくれた場合でも、警察へ連絡することをおすすめします

これは示談・話し合いで済んだはずなのに、後日修理代の請求が来たり、言いがかりをつけられたりを防ぐためです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
自分を守る意味でも、必ず警察に連絡しましょう。


こちらの方は許してもらえたラッキーなケースですが、こういうケースだけではありません。

許してもらえたと思ったのに修理代を請求されるケースが実際に起きています。

軽くあたるだけのケースはもちろん、傷なしのケースやぶつけたかも?程度の場合であっても、不安な場合は警察へ連絡しましょう。

ぶつけてしまった場合のより詳しい対応や、ドアパンチの傷のつき方について知りたい人は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

   

 結論|ドアパンチの気づかないふりはNG!謝罪し警察へ連絡しよう

ドアパンチ のまとめ
  • 気づかないふりはおすすめしない
  • 証拠が見つかり連絡がくることも
  • すぐ連絡すれば物損事故だが気づかないふりをすると当て逃げに
  • 相手に謝罪の上で警察・保険会社に連絡しよう
  • 示談で済ませるとトラブルのもとになるので注意

思いがけずドアパンチをしてしまい、気づかないふりをするか迷う人もいると思いますが、後々バレるとことが大きくなるのでおすすめできません

悪意があってぶつけた訳でなくとも、誠意をもって謝罪し、警察・保険会社に連絡しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました