生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

ミニストップで販売している切手の種類は?他のコンビニとの違いは?

      2018/09/28



急に切手が必要になった時、あなたはどうしますか?

まず思いつくのが近くのコンビニへ駆け込むことなんじゃないでしょうか。コンビニって大抵の物が揃いますし、切手も売っていそうです。けれど、どの程度の品揃えかは分かりません。

ところであなたがよく利用するコンビニはどこですか?セブンイレブン?それともローソン?

それともミニストップ?


ネットで検索しているとセブンイレブンやローソンは店舗数も多いので情報が入ったりもしますが、ミニストップの切手の品揃えまではなかなか分からないのではないでしょうか。

そこで今回は「ミニストップで販売している切手の種類は?他のコンビニとの違いは?」というテーマで、

実際に店舗を周って取り扱っている切手の種類を聞いてきました!この他にも

 

  • 実際に店舗で確認したミニストップで扱っている切手の種類は?
  • ミニストップ以外のコンビニで扱っている切手の種類は?
  • 切手の買い方や支払い方法、切手を買う際の注意点とは?
 

という内容で、「普段は切手を買う事なんかないよ~」という方でも安心して買いに行けるよう、丁寧に解説していきます。

「実際に〇円の切手は取り扱いがあったよ」という話を聞けば、それなら自分の最寄りのコンビニもあるかもしれないと思うことができます。また事務職として働いていた私の経験から、メジャーな切手の種類についても予想をしていきますので参考にしてみてくださいね。

それでは早速、ミニストップの各店舗ではどんな切手を取り扱っていたのか見ていきましょう。
Sponsored Links

ミニストップで販売している切手の種類は?実際に店舗に行って確認してきた!

コンビニで売られている切手の種類をネットで調べてみても、「公式サイトでは種類までは書いてないよ~」というように、情報が曖昧であることが多いです。

と言いますのも、コンビニでは取り扱う切手の種類は店長に一任している場合がほとんどで、全店舗共通で取り扱うことが決まっている切手というのがないからなんですね。

そこで今回、岐阜県・三重県・奈良県のミニストップの各店舗に実際に行ってみて、取り扱っている切手の種類を確認してきました!

 
岐阜県/店舗A 2円・10円・50円・62円・82円
岐阜県/店舗B 2円・10円・20円・30円・52円(在庫限り)・

62円・82円・92円・100円・205円・280円
三重県/店舗A 2円・10円・62円・82円・100円
三重県/店舗B 2円・10円・50円・62円・82円・100円・120円
奈良県/店舗A 2円・10円・62円・82円・92円・120円・

205円・280円・310円
 

これをご覧になるとわかると思いますが、大体同じようなラインナップですよね。やはり”よく売れる切手”というのは、どの店舗でも似ているようです。

そこで今度は、「どの種類の切手がメジャーなのか?」ということを考えてみましょう。


 

・よく使われているメジャーな切手とは?

62円⇒ハガキの基本料金なのでよく使う

82円⇒手紙の基本料金なのでよく使う

 

この2種類はもはや鉄板です。どんなに取り扱う種類の少ない店舗でも、この2種類は最低限揃えています。

この他にメジャーな切手と言えば、この4種類でしょう。現地調査でも多く見かけた金額の切手ですね。

 
  • 2円⇒料金改定前の切手を使う時の調整に便利
  • 10円⇒料金改定前の切手を使う時、重さが超過した時の調整に便利
  • 92円⇒手紙(定形郵便)で重さが超過した時の金額としてよく使う
  • 120円⇒定形外郵便(大型の封筒)でよく使う
 

私は事務職で働いていたことがあるのですが、やはりこの4種類の切手を使用することが多かったです。

ビジネスシーンでは大型封筒もよく使いますが、その際に120円や140円をよく使用します。また速達料金(280円)を追加で貼る時にも、切手を何枚もズラリと並べて貼ると見た目が悪いので、手持ちの中で高額の切手を中心に組み合わせて使っていました。そういう時にも120円や140円はよく登場しましたね。


切手は何枚か組み合わせて貼ってもOKなので、欲しい金額がメジャーな切手の組み合わせになるよう、事前に考えておくとスムーズに買えますよ。

例えば「手紙82円+速達料金280円=合計362円分の切手」が欲しい場合、

「82円+140円×2枚」で買えますが、140円が在庫になかった場合は「120円×3枚+2円」という組み合わせでも買えます。

貼り付ける切手の枚数に制限はありませんが、あまりたくさん貼ってあると自動消印ができなくなることがあるそうなので、やめておいた方が良いです。特にビジネスシーンでは、見た目の悪さから「常識がなさそう」という悪い印象に繋がってしまうので普通の封筒なら3~4枚程度、大型でも5~6枚くらいまでにしておきましょう。

 

現地調査を実行!ミニストップと他のコンビニでは販売している切手に違いはあるの?

メジャーなコンビニチェーンについては、それぞれの記事に実際の調査内容などをまとめていますので、気になるコンビニの記事をご覧下さいね。
 

これ以外にもこんな調査結果があります。

<ヤマザキデイリーストアの場合>
奈良県/店舗A:2円・10円・62円・82円・100円

<サークルKの場合>
岐阜県/店舗A:1円・2円・10円・50円・62円・82円・92円・100円

 

これらを見ていくと、どのコンビニチェーンでも需要の高い種類ほど置いているというのが共通点です。

つまり絶対に置いているであろう「62円と82円」しかない店舗では切手の需要自体が少なく、買い求める客がいる店舗ほど扱う切手の種類も増えていくということ。もしかすると、お店にリクエストを出したら取り扱うようになるかもしれませんね。


また他のコンビニとの違いを探すなら、「ミニストップやローソンではゆうパックの取り扱いがある」ことでしょう。ローソンでは店内のポストに入るサイズならば投函がOKですし、ミニストップはゆうパックの宅配サービスの窓口を行っています。なので、ゆうパックを利用したい時はミニストップが一番便利ですね。

そしてローソンとミニストップには店内ポストが設置されています。ただしミニストップの場合は店舗の近くにポストが設置されている場合は店内ポストが設置されないので注意しましょう。また集荷が1日に1回ですので、速達など急ぐ場合は郵便局の窓口へ自分で持って行く方が早いですよ。
Sponsored Links