スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイスボックスは体に悪い?太るからダイエットに不向き?真相は

アイスボックス 体に悪い

【執筆者:編集部 大室康代】

アイスボックスが体に悪いと言われるのは、人工甘味料が使用されている・お腹が冷えるからだと思われます。

氷菓なので他のアイスよりも人工甘味料は少なめですが、食べ過ぎると健康にはあまり良くないので気を付けましょう。

この記事では、使用されている人工甘味料についてや、カロリーが少ないのに太ると言われている理由など下記のことを調べてみました。

この記事を読むとわかる!
アイスボックスのこと

 

  • 体に悪いといわれる理由
  • 人工甘味料による健康被害
  • ダイエットには効果的?
  • 健康に良い取り入れ方

ダイエット以外の意外な効果も紹介していますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


アイスボックスの食べ過ぎが体に悪い・太るとされる理由

 

アイスボックス 太る

アイスボックスが体に悪いと言われる理由は、食べ過ぎると胃腸が冷える・人工甘味料が良くないと言われているからです。

しかし、どちらも適量をしっかり守れば問題ないと考えられます。

アイスボックスが体に悪いと言われる原因
下痢・腹痛 食べ過ぎると胃腸が冷える
糖質をため込みやすくなる 人工甘味料の摂り過ぎ
肥満 ジュースと組み合わせると
カロリーオーバー
氷食症 氷ばかり食べてしまう
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アイスボックスは氷菓なので食べ過ぎるとお腹が冷えます。気を付けましょう。

夏場を過ぎるとお店で見なくなりますが、ネットでも購入可能です。

入っている人工甘味料はカロリーを抑えられますが、摂り過ぎると腸内に影響が出る説があります。

スポンサーリンク

人工甘味料の摂り過ぎは糖質をため込む可能性が|適量ならOK

吸収されない人工甘味料ばかり摂っていると、実際に糖類が入った時にインスリンが働かなくなり、結果的に糖質をため込みやすい体質になる可能性があります。

インスリンの働きと人工甘味料(※1)

インスリンは糖質をエネルギー源に変えて各細胞へ送る働きをしますが、人工甘味料は変換する必要がないため取り続けていると甘い物が入っても変換する必要がないと脳が誤解してしまいます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
人工甘味料は血糖値が上がらないメリットもありますが、何事も摂り過ぎは良くないですね。

また、入っている人工甘味料や添加物はアイスの中では少ない方なので食べ過ぎなければ大丈夫です。

アイスボックスに入っている人工甘味料と添加物
アセスルファムk 人工甘味料
スクラロース
異性化液糖 でんぷんが原料の甘味料
ポリリン酸Na 色・味を安定させる添加物
カロテン色素
野菜から取られた着色料
酸味料
味の調和目的

アイスボックスはさまざまな飲み物とアレンジしやすく、HPでもレシピを掲載しています。

太るのを気にする人は、組み合わせる飲み物のカロリーも気にしましょう。

スポンサーリンク

アレンジ方法で太る可能性も|組み合わせを考えて

口コミを見るとアイスボックス×ジュースやお酒の組み合わせが美味しいと評判です。

どれも美味しそうですが、糖質が多く太る可能性があるので気を付けたいですね。

コーラのカロリーが高いので量に注意しましょう。

お酒は食欲が増すため、食べ過ぎ注意です!

また、毎日何個も食べてしまう人はアイスボックスの量を気にした方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

 アイスボックスがやめられない人は量に注意!

無性に氷が食べたくなる人は氷食症の可能性があるため、アイスボックスの量も気にしてください。

 氷食症:無性に氷が食べたくなりお腹を下しても食べてしまう異食症の1つです。氷製皿1皿分食べていたら医師に相談しましょう。

原因の多くは鉄不足やストレスと言われています。

レバーやあさり、かつおなど良質な鉄分を含む食品を摂るように心がけましょう。

アイスボックスは食べ過ぎなければ、体に悪いどころか嬉しいメリットも期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

ダイエットに向いている理由と健康面のメリット

アイスボックス 太る

アイスボックスは食べ過ぎなければダイエット向きで、熱中症予防も期待できます。

ただし、寝る前のアイスは消化器官が休めなくなってしまうため、2~3時間前までにしましょう。

アイスボックスグレープフルーツ味の成分表(1個)
カロリー 15kcal
タンパク質・脂質 0g
炭水化物 3.7g
ビタミンC 40mg

氷菓の中でも低カロリー・低糖質のアイスだからです。

アイスボックスはローカロリーで低糖質

同じ氷菓のアイスと比較しても、カロリーが低くダイエット中でも気にせず食べられますね。

他銘柄氷菓とのカロリー比較表
アイス名 カロリー
ガリガリ君(ラムネ味) 64kcal
(1本)
サクレ(レモン味) 67kcal
(1/2個)
パピコ(レモン味) 70kcal
(1本)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
人工甘味料の味がまずいと感じる人は、そのままではなく炭酸水やレモンを入れるといいですよ♪

実際に痩せた人の中にはおやつをアイスボックスに変えたと言う声が多くありました。

ダイエットだけでなく、夏の暑い時期に火照った体を冷やしてくれる効果も期待できます。

ハイポトニック品質なので熱中症予防におすすめ

アイスボックスは、水分補給に素早く浸透してくれるハイポトニック品質なので、熱中症予防におすすめです。

また、は口の中に長く留まるため、水をたくさん飲むより4倍効率的に体を冷やせます。

 ハイポトニック品質:ナトリウムや糖質の濃度が低いため、体に吸収されやすく運動中や汗をたくさんかいた直後にぴったりですよ。
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 スポーツ飲料の多くはアイソトニック飲料に分類され、汗をかく前に糖質やエネルギーを補給するのに適しています。

アイソトニック飲料ではアクエリスやポカリスエットが有名です。

ネットでは飲みきりサイズのアクエリアス300mlが購入できます。

また、アイスボックスは口の中でゆっくり溶けるので、水分でお腹がたぽんたぽんになって動きにくくなる…なんてことも防げますよ!

   
スポンサーリンク
 

結論|アイスボックスは食べ過ぎなければ体に悪いわけではない

アイスボックスのまとめ
  • 食べ過ぎると下痢になりやすい
  • 人工甘味料を摂り過ぎると糖質をため込みやすい体質に
  • 食べ過ぎる人は量を気にして
  • ローカロリーでダイエット向き
  • 運動中や熱中症予防におすすめ

アイスボックスは、食べ過ぎなければ体に悪い・太ると言う心配はないです。

カロリーが低く、ダイエットや暑い時期に取り入れやすいですが、人工甘味料の影響や消化不良になりがちなので、量に気を付けましょう!

適量ならば、暑い時期を乗り越える頼もしいおやつなので、上手に取り入れてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました