生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

結婚式の鏡割りと鏡開き。意味や由来を分かりやすく解説

      2016/05/05



鏡開きには二つあります。

“鏡餅を使った鏡開き”“酒樽を使った鏡開き”です。

後者は「鏡割り」ということもありますが、「割る」という言葉の縁起を嫌い運を開くの“開く”に変化していったと言われています。
武士が出陣の際、兵の気持ちを鼓舞する為、“振る舞い酒“として酒樽を割ったことが起源のようです。

現代でも清酒の樽のふたを叩いて割って振る舞い酒として
結婚式・祝勝会・パーティなど慶事の場面で、周囲の人を盛り上げるのによく行われる行事です。

鏡開きとは、普通は前者のことを言い、お正月に神棚・床の間に飾ってあった鏡餅を割り砕いて、お雑煮やお汁粉などに入れて食べる儀式で、
一年間家族の無病息災と延命を祈って食べる行事です。

鏡餅を使った鏡開きについてお話ししましょう。

Sponsored Links

鏡開きはいつ?

一般的に1月11日で、土日祝日の関係で異なることがあります。
しかし関西では1月15日に行われることが多いようです。

お正月飾りの門松・しめ縄を飾っておく期間が一般的に関東は1月7日、
関西は1月15日までで、この期間を「松の内」と言います。

もともと全国的に1月15日までが松の内でしたが、関東では鏡開きが11日に変更され、松の内の期間も変わっていったようです。

鏡開きの由来は?

江戸時代1月11日、武家では具足開き商家では蔵開きと言って、
正月が終わり新しい年の仕事始めの日として、無病息災・延命・開運を祈念し、備えた鏡餅を打ち欠いて食したところから始まるようです。

農家でも田内正月、鍬初めなどと言って田畑に鍬を入れ、そこに松や鏡餅の砕片を供えたり、儀礼的に米つき等の作業が行われました。

鏡開きはどんなところでやっているのか?

現代では旧家(私の家は旧家ではありませんが、毎年やっています!)、
商売をしている老舗店舗、剣道・柔道・合気道“新年道場開き”経済界の新春パーティーなど鏡開きを行っています。
Sponsored Links